スポンサーリンク

【コピペOK】WordPressをCentOSに5手順でインストールする

★悩み★
・CentOSにWordPressをインストールする手順が分からない。
・WordPressのCocoonをインストールする手順が分からない。
・WordPressの設定手順が分からない。


こういった「悩み」に答えます。

★本記事の内容★
WordPressをCentOSにインストールする手順をご紹介


これからご紹介する「WordPressをCentOSに5手順でインストールする」を実践したことで、筆者は30分以内でWordPressをCentOSにインストールできました。

記事の前半では「WordPressをインストールする手順」を解説しつつ、記事の後半では「WordPressでCocoonを利用する手順」をご紹介します。

この記事を読み終えることで、「WordPressのインストール手順と設定手順」を把握した状態になります。

WordPressをCentOSにインストールする手順【5手順】

6手順でWordPressをCentOSにインストールする手順をご紹介します。

★CentOSにWordPressをインストールする流れ★
手順1:WordPressのインストールに必要なパッケージをインストール
手順2:CentOSにWordPressをインストール
手順3:データベース(MariaDB)の設定(WordPressの記事データ保存用)
手順4:CentOSにインストールしたWordPressをセットアップ
手順5:CocoonをWordPressにインストールとセットアップ


上記の流れで、WordPressをCentOSにインストールできます。

以降で、「CentOSにWordPressをインストールする流れ」の各手順に関してご紹介します。

手順1:WordPressのインストールに必要なパッケージをインストール

「手順1:WordPressのインストールに必要なパッケージをインストール」に関してご紹介します。

WordPressを利用するために必要なパッケージをインストールしましょう。


WordPressを利用するためには、以下のパッケージのインストールが必要です。

★WordPressのインストールに必要なパッケージ一覧★
・php(7系以上)
・php-mysqlnd
・php-pecl-json
・php-xml
・php-mbstring
・httpd
・mariadb-server
・mariadb-client


CentOSで「端末」上で以下のコマンドを実行し、リポジトリをインストールします。

# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm


続いて、古いバージョンのPHPをアンインストールするために、以下のコマンドを実行します。

# yum remove php-*


次にWordPressのインストールに必要なパッケージをインストールするために、以下のコマンドを順に実行します。

# yum install --disablerepo=* --enablerepo=epel,remi,remi-safe,remi-php73 php php-mysqlnd php-pecl-json php-xml php-mbstring
# yum -y install httpd
# yum -y install mariadb-server mariadb-client
# systemctl enable mariadb
# systemctl start mariadb
# systemctl enable httpd
# systemctl start httpd


最後に以下のコマンドを実行し、7系のPHPが導入されたことを確認します。

# php -v
PHP 7.3.20 (cli) (built: Jul  7 2020 07:53:49) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.3.20, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies


以上で、「手順1:WordPressのインストールに必要なパッケージをインストール」は完了です。

手順2:CentOSにWordPressをインストール

「手順2:CentOSにWordPressをインストール」に関してご説明します。
 

インターネット経由でlinux向けのWordPressをインストールしましょう。


CentOSにWordPressをインストールするために、以下のコマンドを端末上で実行します。

# wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
# tar -zxvf latest-ja.tar.gz -C /var/www/html/


以上で、「手順2:CentOSにWordPressをインストール」は完了です。

手順3:データベース(MariaDB)の設定(WordPressの記事データ保存用)

「手順3:データベース(MariaDB)の設定(WordPressの記事データ保存用)」に関してご説明します。
 

MariaDBには、WordPressの記事データ(文字)が保存されます。


WordPress用のデータベースを作成するために、以下のコマンドを端末上で実行します。

# mysql
MariaDB [(none)]> create database wordpress default character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]> GRANT ALL ON wordpress.* TO wordpress@localhost IDENTIFIED BY 'password';
MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;


以上で、「手順3:データベース(MariaDB)の設定(WordPressの記事データ保存用)」は完了です。

手順4:CentOSにインストールしたWordPressをセットアップ

「手順4:CentOSにインストールしたWordPressをセットアップ」に関してご説明します。
 

インストールしたWordPressをセットアップしましょう。


Webブラウザを起動し、以下にアクセスしましょう。
http://<CentOSのIPアドレス>/wordpress

アクセス後、以下の情報入力を求められるので、入力しましょう。
・データベース名:wordpressと入力
・ユーザ名:wordpressと入力
・パズワード:wordpressと入力
・データベースのホスト名:localhostと入力

上記を入力後、「送信」をクリックすることで、WordPressの設定が開始されます。

以上で、「手順4:CentOSにインストールしたWordPressをセットアップ」は完了です。

手順5:CocoonをWordPressにインストールとセットアップ

「手順5:CocoonをWordPressにインストールとセットアップ」に関してご説明します。
 

Cocoonは、WordPressの無料テーマの1つです。


CocoonをWordPressにインストールとセットアップする手順は、以下の記事をご覧ください。


以上で、「手順5:CocoonをWordPressにインストールとセットアップ」は完了です。

上記の流れで、WordPressをCentOSにインストールすることができました。


ちなみに、インストールしたWordPressを公開する方法を知りたい方は、以下をご覧ください。

【まとめ】WordPressをCentOSに5手順でインストールする

今回の記事を通して、「WordPressをCentOSに5手順でインストールする」をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。
 

★悩み★
・CentOSにWordPressをインストールする手順が分からない。
・WordPressのCocoonをインストールする手順が分からない。
・WordPressの設定手順が分からない。


WordPressをインストールする手順は?」で悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました