スポンサーリンク

【図解】Amazon VPCを7手順で設定する【EC2作成まで解説】

【図解】Amazon VPCを7手順で設定する【EC2作成まで解説】

 

★悩み★
・Amazon VPCってどうやって設定するのだろう。
・Amazon VPCとは、そもそも何だろうか。何ができるのだろうか。
・Amazon VPCを設定する上で注意することは何だろうか。


こういった「悩み」に答えます。

★本記事の内容★
① Amazon VPCを7手順で設定する方法をご紹介
② Amazon VPCとは何か?何ができるの?をご紹介
③ Amazon VPCを設定する上で注意するべきことをご紹介


これからご紹介する「Amazon VPCを7手順で設定する方法」を実践したことで、筆者は1時間以内でAmazon VPCを設定しEC2を作成できました。

記事の前半では「Amazon VPCを設定する方法」を図を用いて解説しつつ、記事の後半では「Amazon VPCとは何か?」や「設定する上での注意点」を具体的に解説します。

この記事を読み終えることで、「Amazon VPCを設定する方法」を把握できるだけでなく、「Amazon VPCとは何か?」も把握した状態になります。

ちなみに、「AWSの基礎的な知識を拡充したい」方は、以下の記事をご覧ください。
 

 

Amazon VPCを7手順で設定する方法【EC2作成まで解説】

Amazon VPCを7手順で設定する方法【EC2作成まで解説】


「Amazon VPCを7手順で設定する方法」に関してご紹介します。
 

「Amazon VPCを設定する方法」を実機検証を交えてご紹介します。


今回は、以下のVPC環境を作っていきましょう。
 

Amazon VPCを7手順で設定する方法【EC2作成まで解説】

 

★Amazon VPCを設定する流れ★
手順1:AWSマネジメントコンソールでAmazon VPCを検索
手順2:Amazon VPCの設定
手順3:Amazon VPCにインターネットゲートウェイを設定
手順4:Amazon VPCにサブネット(パブリックとプライベート)を作成
手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定
手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成
手順7:作成したVPC環境の動作確認


上記の流れで、上図の「VPC環境」を作成できます。
 

上記の各手順は、以下の日時で動作確認済みです。
動作確認済み日時:2021年4月3日


以降で、上記「Amazon VPCを設定する流れ」の各手順に関してご説明します。

手順1:AWSマネジメントコンソールでAmazon VPCを検索

「手順1:AWSマネジメントコンソールでAmazon VPCを検索」に関してご説明します。
 

AWSマネジメントコンソールでVPCを検索しましょう。


Webブラウザで、AWSマネジメントコンソールへアクセスします。
AWSマネジメントコンソール

アクセス後、「サービスを検索する」直下にある検索欄に「vpc」と入力します(下図の赤枠)。その後、「VPC」をクリックしましょう。
 

手順1:AWSマネジメントコンソールでAmazon VPCを検索


以上で、「手順1:AWSマネジメントコンソールでAmazon VPCを検索」は完了です。

手順2:Amazon VPCの設定

「手順2:Amazon VPCの設定」に関してご説明します。

「VPC」(下図の赤枠)をクリックし、「VPCの作成」(下図の青枠)をクリックします。
 

手順2:Amazon VPCの設定


以下の情報を入力し、「VPCの作成」(下図の青枠)をクリックします。
・名前タグ:「ec2-test」と入力
・IPv4 CIDR:「10.0.0.0/16」と入力
 

手順2:Amazon VPCの設定


以上で、「手順2:Amazon VPCの設定」は完了です。

手順3:Amazon VPCにインターネットゲートウェイを設定

「手順3:Amazon VPCにインターネットゲートウェイを設定」に関してご説明します。
 

手順2で作成したVPCにインターネットゲートウェイを設定しましょう。


インターネットゲートウェイを設定することで、VPCは外部ネットワークと通信することができます。

「インターネットゲートウェイ」(下図の赤枠)をクリックし、「インターネットゲートウェイの作成」(下図の青枠)をクリックしましょう。
 

手順3:Amazon VPCにインターネットゲートウェイを設定


以下の情報を入力し、「インターネットゲートウェイの作成」(下図の青枠)をクリックします。
・名前タグ:今回は「ec2-test-igw」と入力
 

手順3:Amazon VPCにインターネットゲートウェイを設定


ec2-test-igwのチェックボックス(下図の赤枠)をクリックし、「アクション」の「VPCにアタッチ」(下図の青枠)をクリックします。
 

手順3:Amazon VPCにインターネットゲートウェイを設定


先ほど作成したVPC「ec2-test」を選択し、「インターネットゲートウェイのアタッチ」(下図の青枠)をクリックします。
 

手順3:Amazon VPCにインターネットゲートウェイを設定


以上で、「手順3:Amazon VPCにインターネットゲートウェイを設定」は完了です。

手順4:Amazon VPCにサブネット(パブリックとプライベート)を作成

「手順4:Amazon VPCにサブネット(パブリックとプライベート)を作成」に関してご説明します。
 

作成したVPC内に以下の2つのサブネットを作成しましょう。
・パブリックネットワーク:外部のインターネットと通信可能
・プライベートネットワーク:外部のインターネットと通信不可


「サブネット」(下図の青枠)をクリックし、「サブネットの作成」(下図の赤枠)をクリックします。
 

手順4:Amazon VPCにサブネット(パブリックとプライベート)を作成


以下の情報を入力し、「作成」をクリックします。
・名前タグ
 → プライベートネットワークの場合:ec2-privateと入力
 → バブリックネットワークの場合:ec2-privateと入力
・アベイラビリティゾーン:ap-northeast-1aを選択
・iPv4 CIDRブロック
 → プライベートネットワークの場合:10.0.2.0/24
 → パブリックネットワークの場合:10.0.1.0/24
 

手順4:Amazon VPCにサブネット(パブリックとプライベート)を作成


以上のようにして、プラベートネットワークとパブリックネットワークが作成できました。
 

手順4:Amazon VPCにサブネット(パブリックとプライベート)を作成


「ec2-public」のチェック(下図の赤枠)をクリックし、「自動割り当てIP設定の変更」(下図のオレンジ枠)をクリックします。
 

手順4:Amazon VPCにサブネット(パブリックとプライベート)を作成


「iPv4の自動割り当て」にチェック(下図の赤枠)をし、「保存」をクリックします。

この設定により、パブリックネットワークに配置されたインスタンスは、パブリックIPアドレスが付与されます。
 

手順4:Amazon VPCにサブネット(パブリックとプライベート)を作成


以上で、「手順4:Amazon VPCにサブネット(パブリックとプライベート)を作成」は完了です。

手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定

「手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定」に関してご説明します。
 

パブリックネットワークとプライベートネットワークのルートテーブルを作成します。


「ルートテーブル」(下図の青枠)をクリックし、「ルートテーブルの作成」(下図の赤枠)をクリックします。
 

手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定


以下の情報を入力し、「作成」をクリックします。
・名前タグ
 →プライベートネットワーク用の場合:private route tableと入力
 →パブリックネットワーク用の場合:public route tableと入力
・VPC:先ほど作成したVPC「ec2-test」を選択
 

手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定


パブリックネットワーク用のルートテーブル(下図の赤枠)のチェックを選択し、ルートタブの「ルートの編集」(下図の青枠)をクリックします。
 

手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定


「ルートの追加」をクリックし、送信先に「0.0.0.0/0」を入力し、ターゲットの「Internet Gateway」(下図の赤枠)を選択します。
 

手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定


先ほど作成した「ec2-test-igw」のインターネットゲートウェイを選択し、「ルートの保存」をクリックします。
 

手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定


パブリックネットワーク用のルートテーブルのチェック(下図の赤枠)を選択し、「サブネットの関連づけ」の「サブネットの関連づけの編集」(下図の青枠)をクリックします。
 

手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定


パブリックネットワーク「ec2-public」を選択し、「保存」をクリックします。
 

手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定


同様にして、プライベートネットワーク用のルートテーブルもプライベートネットワークのサブネットに関連付けしましょう。
 

手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定


以上で、「手順5:Amazon VPCに関するルートテーブルを設定」は完了です。

手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成

「手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成」に関してご説明します。
 

VPC内にEC2インスタンスを作成しましょう。

 

EC2サービスの画面にアクセス

AWSマネジメントコンソールで「ec2」と入力し、「EC2」を選択し、EC2サービスの画面を開きましょう。
 

手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成

プライベートネットワーク内にEC2インスタンスを作成

プライベートネットワーク内にEC2インスタンスを作成します。

「インスタンス」(下図の赤枠)をクリックし、「インスタンスを起動」(下図の青枠)をクリックします。
 

手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成


仮想マシンのOSを選択するページが表示されます。
今回は、Amazon Linux 2欄の「選択」(下図の赤枠)をクリックします。
 

手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成


仮想マシンのリソースを選択するページが表示されます。
今回は、初期状態のまま、ページ末尾にある「次のステップ:インスタンスの詳細の設定」(下図の赤枠)をクリックします。
 

手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成


続いて、ネットワークなどを設定するページが表示されます。

以下の情報を入力し、ページ末尾の「確認と作成」(下図のオレンジ枠)をクリックします。
・ネットワーク:先ほど作成したVPNのec2-testを選択
・サブネット:先ほど作成したプライベートネットワーク(ec2-private)を選択
 

手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成


その後、キーペアに関するページが表示されます。

「新しいキーペアの作成」を選び、キーペア名「ec2-tokyo-test」を入力します。「キーペアのダウンロード」をクリック後、「インスタンスの作成」をクリックします。
 

手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成


以上で、プライベートネットワーク内にEC2インスタンスを作成することができました。

後続の設定で、プライベートネットワーク内に配置したEC2インスタンスのセキュリティグループ情報が必要です。
セキュリティグループの値(下図の赤枠)をコピーしておきましょう。
 

手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成

パブリックネットワーク内にEC2インスタンスを作成

パブリックネットワーク内にEC2インスタンスを作成します。

手順は、「プライベートネットワーク内にEC2インスタンスを作成」と同じです。

ただし、以下の点が異なります。
・サブネットを選択するところでは、パブリックネットワーク(ec2-public)を選択
・キーペアに関するページでは、「既存のキーペア(ec2-tokyo-test)」を選択
・セキュリティグループの設定

「セキュリティグループの設定」画面は、以下になります。
 

手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成


「ルールの追加」(上図の赤枠)をクリックし、「SSH」(上図の青枠)を選択します。

「ソース」(上図のオレンジ枠)には、「プライベートネットワークに配置したEC2のセキュリティグループ」を設定します。

この設定をすることで、パブリックネットワークに配置したEC2からプライベートネットワークに配置したEC2へSSH接続ができます。

以上で、「手順6:作成したAmazon VPC内にEC2インスタンスを作成」は完了です。

手順7:作成したVPC環境の動作確認

「手順7:作成したVPC環境の動作確認」に関してご説明します。
 

最後に作成したVPCの動作確認をしましょう。

 

★VPC環境の動作確認の流れ★
手順1:SSHでパブリックNWのEC2に接続
手順2:パブリックNWのEC2からプライベートNWのEC2にSSH接続


上記の2手順で作成したVPC環境の動作確認をすることができます。

以降で、「VPC環境の動作確認の流れ」の各手順に関して説明します。

手順1:SSHでパブリックNWのEC2に接続

パブリックネットワークに配置されたEC2のパブリックIPアドレス(下図の赤枠)を確認しましょう。
 

手順7:作成したVPC環境の動作確認


続いて、コマンドプロンプトまたは端末を起動し、下記のコマンドでSSH接続します。

# ssh -i ec2-tokyo-test.pem ec2-user@3.113.2.88
The authenticity of host '3.113.2.88 (3.113.2.88)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:GmrYCRGQ7qEpib62ZLQePjxggerQIQEyLuWCxtoPHeA.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '3.113.2.88' (ECDSA) to the list of known hosts.

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux 2 AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-2/
2 package(s) needed for security, out of 13 available
Run "sudo yum update" to apply all updates.
[ec2-user@ip-10-0-1-134 ~]$


上記のような出力が表示されれば、接続に成功したことになります。

以上で、「手順1:SSHでパブリックNWのEC2に接続」は完了です。

手順2:パブリックNWのEC2からプライベートNWのEC2にSSH接続

次にプライベートNWのEC2にSSH接続しましょう。

まずは、プライベートネットワークに配置されたEC2のプライベートIPアドレス(下図の赤枠)を確認しましょう。
 

手順7:作成したVPC環境の動作確認


続いて、手順1で起動したコマンドプロンプトまたは端末で、下記のコマンドでSSH接続します。

[ec2-user@ip-10-0-1-134 ~]$ sudo ssh -i ec2-tokyo-test.pem ec2-user@10.0.2.214

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux 2 AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-2/
[ec2-user@ip-10-0-2-214 ~]$


以上で、作成したVPCの動作確認は完了です。
 

上記の7手順で、Amazon VPCを設定し、EC2に接続できました。

 

Amazon VPCとは何か?何ができるの?

Amazon VPCとは何か?何ができるの?


「Amazon VPCとは何か?何ができるの?」に関してご紹介します。
 

★ご紹介する内容★
・Amazon VPCに関する基礎
・Amazon VPCをどのぐらい作成するべきか
・どのサービスをどのAmazon VPCに配置するべきか


上記3つに関して説明します。

Amazon VPCに関する基礎

「Amazon VPCに関する基礎」に関してご説明します。
 

VPCに関する基礎的な知識をご紹介します。

 

VPCの機能

VPCは、Amazon Virtual Private Cloudの略称です。

VPCを作成することで、以下をすることができます。
 

★Amazon VPCの機能★
・AWSクラウドのプライベートネット空間を提供
・ネット空間を論理的に分離可能(用途別にネットワークを作成可能)
・分離したネットワークごとにセキュリティなどの設定が可能


Amazon VPCにより、上記の機能を使うことができます。

サブネット化によりネットワークを論理的に分離

プライベートネット空間を分離するためには、サブネット化する必要があります。
 

Amazon VPCに関する基礎


CIDR表記でサブネットとして切り出すことで、用途別のネットワークを作ることができます。

また、サブネット化する上でのポイントは以下となります。

★ポイント★
・AZごとに2つのサブネットを作ることを推奨
・マルチAZの場合、左右対称になるようにすること
 → AZ1:プライベートNWとパブリックNW
 → AZ2:プライベートNWとパブリックNW 
・パブリックNWよりプライベートNWにより多くのIP割り当てを推奨
 → プライベートNWに配置するインスタンスが多いため

 

ルートテーブル

通信可能なネットワークを作成するためには、ネットワークごとにルートテーブルをアタッチする必要があります。
 

ルートテーブルとは、トラフィックの宛先を管理するテーブルです。


先ほど作成した環境では、プライベートネットワークにSSH接続をしたかったため、以下のようなルートを登録していました。

Amazon VPCに関する基礎

 

インターネットゲートウェイ

VPC内に配置されたサービスを外部インターネットに公開したい場合、インターネットゲートウェイを使います。
 

インターネットゲートウェイとは:
VPC内に配置されたサービスと外部インターネット間での通信を許可するものです。


あるネットワークを外部公開可能なパブリックネットワークにしたい場合、下図のようにそのネットワークにインターネットゲートウェイ(IGW)をアタッチします。

Amazon VPCに関する基礎

 

セキュリティグループ

EC2単位で設定できる仮想ファイアーウォールです。
EC2単位で設定できるため、サブネット内の通信制御をすることができます。

ネットワークアクセスコントロールリスト(NACL)

サブネット単位で通信制御をすることができます。
 

以上が、「Amazon VPCに関する基礎」となります。

 

Amazon VPCをどのぐらい作成するべきか

「Amazon VPCをどのぐらい作成するべきか」に関してご説明します。

あるシステムを構築する際に、VPCをどのぐらい使えば良いのでしょうか。
結論から言いますと、「構築するチーム単位に依存」します。
 

・AWSのアカウント1つでマルチVPCにするケース
 → 単一のチームまたは単一の組織でシステムを構築する場合

・AWSアカウント複数でマルチVPCにするケース
 → 大規模な組織や複数のITチームがある組織でシステムを構築する場合


以上が、「Amazon VPCをどのぐらい作成するべきか」となります。

どのサービスをどのAmazon VPCに配置するべきか

「どのサービスをどのAmazon VPCに配置するべきか」に関してご説明します。

以下のようにして、VPCにサービスを配置することをおすすめします。
 

★パブリックネットワークに配置するサービス★
ウェブアプリケーション

 

★プライベートネットワークに配置するサービス★
データベース
バックエンドのサービス(メッセージキューなど)
バッチ処理(データ加工など)


外部インターネットを通じて利用しないサービスは、基本的にプライベートネットワークに配置するようにしましょう。

以上が、「どのサービスをどのAmazon VPCに配置するべきか」となります。
 

以上が、「Amazon VPCとは何か?何ができるの?」となります。

 

Amazon VPCを設定する上で注意するべきこと

Amazon VPCを設定する上で注意するべきこと


「Amazon VPCを設定する上で注意するべきこと」に関してご説明します。
 

★Amazon VPCを設定する上での注意点★
・1アカウントで作成できるVPCは、リージョンごとに5つまで
・EC2に割り当てられたパブリックIPアドレスは再起動すると変動
 → Elastic IPアドレスを利用することでパブリックIPアドレスを固定化可能
   ただし、リージョンあたり5つまでしか使えない。

・セキュリティグループのデフォルトに注意
 → インバウンド(インターネット→EC2):全てブロック
アウトバウンド(EC2→インターネット):全て許可

・ネットワークアクセスコントロールリストのデフォルトに注意
 → 全てのインバウントとアウトバンドのトラフィックを許可


以上の注意点を考慮した上でVPCを使っていきましょう。
 

以上が、「Amazon VPCを設定する上で注意するべきこと」となります。

 

【まとめ】Amazon VPCを7手順で設定する

今回の記事を通して、Amazon VPCを7手順で設定する方法をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。
 

★悩み★
・Amazon VPCってどうやって設定するのだろう。
・Amazon VPCとは、そもそも何だろうか。何ができるのだろうか。
・Amazon VPCを設定する上で注意することは何だろうか。


「Amazon VPCとは?」と悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました