スポンサーリンク

【入門編】知識ゼロからのAWS学習方法【AWS未経験者向け】

★悩み★
・AWSをゼロから学びたいんだけど、効率的な学習方法を知りたいな。
・AWS未経験者なんだけど、AWSを何から勉強すればいいのか分からない。
・「AWSって何?」というレベルだけど、どう学習すればいいのだろうか。


こういった「悩み」に答えます。

★本記事の内容★
(1) 知識ゼロからのAWS学習方法をご紹介
(2) AWS入門者からAWS中級者にステップアップする学習方法をご紹介


これからご紹介する「知識ゼロからのAWS学習方法」を実践したことで、筆者は2週間以内でAWSの主要なサービスを把握できました。

記事の前半では「AWS知識ゼロからの学習方法」を解説しつつ、記事の後半では「AWS入門者からAWS中級者にステップアップする方法」をご紹介します。

この記事を読み終えることで、「AWSでよく使用するスキル」を習得した状態になります。

知識ゼロからの効率的なAWS学習方法は、「ハンズオン学習」だと筆者は考えます。
AWSサービスを実際に触りながら学習していきましょう。

知識ゼロからのAWS学習方法【AWS未経験者向け】

AWS関連の知識ゼロから、AWSを効率的に学習する方法をご紹介します。

AWSを効率的に学習する流れは、以下となります。

★知識ゼロからAWSを学習する流れ★
ステップ1:AWSのアカウントを作成
ステップ2:「AWSとは?」や「主要なAWSサービス」の概要を学習
ステップ3:AWSのオンラインストレージサービスを学習
ステップ4:AWSでのネットワークと利用できるマシンを学習
ステップ5:AWSでのネットワーク同士の接続を学習
ステップ6:AWSでのデータベースを学習
ステップ7:AWSでのユーザー管理を学習
ステップ8:AWSでの負荷分散と高可用性を実現する方法を学習
ステップ9:AWSでのシステム自動構築方法を学習
ステップ10:AWSでのキャッシュを学習
ステップ11:AWSでの疎結合なシステムを構築する方法を学習
ステップ12:AWSでのマイクロサービスを構築する方法を学習


上記の12ステップを順番に進めていくことで、「AWSとはどういったサービスなのか?」の理解だけでなく、「AWSの主要サービスの使い方や使い所」を把握した状態になります。

1日1ステップ進めることで、最短12日でAWSの知識を拡充できます。
無理なく進めていきましょう。


それでは、以降で、各ステップに関してご紹介します。

ステップ1:AWSのアカウントを作成

本記事でご紹介するAWS学習方法では、ハンズオン学習(実際に触ってみて学習)がいくつかあります。

ですので、AWSのアカウント作成をオススメします。
※既にAWSアカウントをお持ちの方は本ステップは省略してください。

AWSのアカウント作成は、以下のページから10分程度でできます。

AWSのアカウント作成ページ
※上記をクリックすると新規タブが開きます。


以上が、「ステップ1:AWSのアカウントを作成」となります。

ステップ2:「AWSとは?」や「主要なAWSサービス」の概要を学習

続いて、「AWSとはどういったサービスなのか?」や「AWSでよく使われるサービスとは?」などのAWSの概要を以下の記事で学習しましょう。

最低限、以下を理解しましょう。
・AWSを使うメリットとは?
・よく使われるAWSのサービスとは?


以上が、「ステップ2:「AWSとは?」や「主要なAWSサービス」の概要を学習」となります。

ステップ3:AWSのオンラインストレージサービスを学習

次に、「AWSが提供してくれるオンラインストレージサービスとは?」を以下の記事で学習しましょう。

★ハンズオン学習があります。★
最低限、以下を理解しましょう。
・AWSが提供しているオンラインストレージサービスとは?
・そのサービスのユースケースは?


以上が、「ステップ3:AWSのオンラインストレージサービスを学習」となります。

ステップ4:AWSでのネットワークと利用できるマシンを学習

続いて、「AWSでのネットワークと利用できるマシンとは?」を以下の記事で学習しましょう。

★ハンズオン学習があります。★
最低限、以下を理解しましょう。
・インターネットにアクセスするためのネットワークの作り方
・マシン配備の仕方


以上が、「ステップ4:AWSでのネットワークと利用できるマシンを学習」となります。

ステップ5:AWSでのネットワーク同士の接続を学習

次に、「AWSのネットワークと他のネットワーク(例えば、会社のネットワーク)を接続する方法」を以下の記事で学習しましょう。

★ハンズオン学習があります。★
最低限、以下を理解しましょう。
・AWS上のネットワークは、どこのネットワークと接続できるか


以上が、「ステップ5:AWSでのネットワーク同士の接続を理解」となります。

ステップ6:AWSでのデータベースを学習

続いて、「AWSで利用できるデータベースとは?」を以下の記事で学習しましょう。

最低限、以下を理解しましょう。
・AWSではどのような種類のデータベースを提供しているか
・RDBとして何が利用できるか


以上が、「ステップ6:AWSでのデータベースを学習」となります。

ステップ7:AWSでのユーザー管理を学習

次に、「AWSでのユーザー(企業内で利用するアカウントなど)を管理するには?」を以下の記事で学習しましょう。

最低限、以下を理解しましょう。
・ユーザーの種類はどのぐらいあるのか
・ポリシーとは?
・ロールとは?


以上が、「ステップ7:AWSでのユーザー管理を学習」となります。

ステップ8:AWSでの負荷分散と高可用性を実現する方法を学習

続いて、「AWSでの負荷分散と高可用性を実現する方法」を以下の記事で学習しましょう。

最低限、以下を理解しましょう。
・システムの一時的な負荷に耐えるには?
・リージョン障害に対応するためには?


以上が、「ステップ8:AWSでの負荷分散と高可用性を実現する方法を学習」となります。

ステップ9:AWSでのシステム自動構築方法を学習

次に「AWSでシステムを自動で構築する方法」を以下の記事で学習しましょう。

★ハンズオン学習があります。★
最低限、以下を理解しましょう。
・システムの自動構築が必要な理由
・AWSの環境を自動で構築する3つのサービス


以上が、「ステップ9:AWSでのシステム自動構築方法を学習」となります。

ステップ10:AWSでのキャッシュを学習

続いて、「AWSでのキャッシュとは?」を以下の記事で学習しましょう。

最低限、以下を理解しましょう。
・キャッシュとは何か?
・S3向けのキャッシュには何を使えばいいのか
・RDS向けのキャッシュには何を使えばいいのか


以上が、「ステップ10:AWSでのキャッシュを学習」となります。

ステップ11:AWSでの疎結合なシステムを構築する方法を学習

次に「ステップ11:AWSでの疎結合なシステムを構築する方法とは?」を以下の記事で学習しましょう。

最低限、以下を理解しましょう。
・なぜ、疎結合な構成をとる必要があるのか
・疎結合な構成を構築するためにはどのサービスを使えばいいのか


以上が、「ステップ11:AWSでの疎結合なシステムを構築する方法を学習」となります。

ステップ12:AWSでのマイクロサービスを構築する方法を学習

最後に「ステップ12:AWSでのマイクロサービスを構築する方法とは?」を以下の記事で学習しましょう。

最低限、以下を理解しましょう。
・サーバレスとは何か
・サーバレスの利点は何か


以上が、「ステップ12:AWSでのマイクロサービスを構築する方法を学習」となります。

この学習を終えたことで、AWSの知識をゼロからある程度は拡充できたはずです。
知識ゼロからのAWS学習、本当にお疲れ様でした。

AWS入門者からAWS中級者にステップアップする学習方法

AWS入門者からAWS中級者にステップアップするための学習方法をご紹介します。

AWS中級者ともなると「要件を満たすシステムの構築」ができることを求められます。

ですので、以下を実施してみると良いかもしれません。

★AWS中級者になるための施策★
自身が使いたいサービスをAWS上で構築し、実際に利用してみる。


上記の施策を実施する上で、「要件がどういったものだから、こういうシステム構築をする必要がある」などを考え実践することができ、力がつくと考えます。

筆者が中級者にステップアップするために構築したシステムを近日中に本ブログで公開する予定です。

【まとめ】知識ゼロからのAWS学習方法【AWS未経験者向け】

今回の記事を通して、「入門編 知識ゼロからのAWS学習方法〜未経験者向け〜」をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。

★悩み★
・AWSをゼロから学びたいんだけど、効率的な学習方法を知りたいな。
・AWS未経験者なんだけど、AWSを何から勉強すればいいのか分からない。
・「AWSって何?」というレベルだけど、どう学習すればいいのだろうか。

知識ゼロからAWSを学びたいけどどうすればいいの?」と悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました