スポンサーリンク

【図解】3ステップでAWS(EC2)の特定ポートを解放する手順

★悩み★
AWS(EC2)で特定のポートを解放する手順を知りたいなぁ。


こういった「悩み」に答えます。

★本記事の内容★
3ステップでAWS(EC2)の特定ポートを変更する手順をご紹介


これからご紹介する「3ステップでAWS(EC2)の特定ポートを解放する手順」を実践したことで、筆者は10分以内でAWS(EC2)の80番ポートを解放することができました。

本記事では「AWS(EC2)の80番ポートを解放する手順」をご説明します。

この記事を読み終えることで、「AWS(EC2)の特定のポートを解放する手順」を把握した状態になります。

「AWSとは何?」や「EC2とは何?」と思われた方は、以下の記事で丁寧に解説していますのでぜひご覧ください。

3ステップでAWS(EC2)の特定ポートを解放する手順

AWS(EC2)の特定ポートを解放する手順に関してご紹介します。

今回は、題材として、「AWS(EC2)の80番ポート解放」を目指しましょう。

★ご紹介の流れ★
ステップ1:AWS(EC2)で仮想マシンを配備
ステップ2:AWS(EC2)で特定ポート(80番)を解放【EC2管理画面で操作】
ステップ3:AWS(EC2)で特定ポート(80番)が解放できたか確認


上記の流れで「AWS(EC2)の特定ポート(80番)を解放する手順」をご紹介します。

それでは、以降で各ステップに関して詳しくご説明します。

ステップ1:AWS(EC2)で仮想マシンを配備

AWS(EC2)で仮想マシンを配備する方法をご紹介します。

AWS(EC2)に仮想マシンを配備する方法は、以下の記事内の「ステップ6」をご覧ください。

既にAWS(EC2)上に仮想マシンを配備されている方は、本ステップを省略してください。


以上で、「ステップ1:AWS(EC2)で仮想マシンを配備」は完了です。

ステップ2:AWS(EC2)で特定ポート(80番)を解放【EC2管理画面で操作】

AWS(EC2)上に配備された仮想マシンの特定ポート(80番)を解放するためには、EC2の管理画面での操作が必要です。

EC2の管理画面で実施するべき操作を順に説明します。

まずは、EC2管理画面を開きましょう。

EC2管理画面のURL
※上記をクリックすると新規タブが開きます。

AWS(EC2)管理画面


EC2の管理画面において、特定ポート(80番)を変更したい仮想マシンのチェックボックスをクリックします。(上図の赤枠)

次に、「セキュリティ」(上図の青枠)をクリックし、セキュリティグループ(上図のオレンジ枠)をクリックします。

その後、下図の画面に遷移します。

AWC(EC2)ポート設定変更


「インバウンドルール」(上図の赤枠)をクリックし、「インバウンドルールを編集」(上図の青枠)をクリックしましょう。

AWS(EC2)特定ポート(80番)追加


「ルールを追加」をクリックし、以下を設定し、「ルールを保存」(上図の青枠)をクリックします。
・タイプ:カスタムTCPを選択
・ポート番号:80と入力
・ソース:カスタムを選択 0.0.0.0/0を設定
・説明:httpdと入力

上記のEC2管理画面での操作をすることで、特定ポート(80番)に対する通信を許可できます。


以上で、「ステップ2:AWS(EC2)で特定ポート(80番)を解放【EC2管理画面で操作】」は完了です。

ステップ3:AWS(EC2)で特定ポート(80番)が解放できたか確認

最後にAWS(EC2)上に配備した仮想マシンの特定ポート(80番)が解放されたかどうかを確認するために実機検証をしましょう。

端末またはコマンドプロンプト上でAWS(EC2)上の仮想マシンに接続し、以下のコマンドを順に実行し、Webサーバー(httpd)を起動しましょう。

$ ssh -i routefinder.pem ec2-user@54.245.21.79
Last login: Mon Dec  7 12:30:20 2020 from 58-189-157-119f1.hyg1.eonet.ne.jp

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux 2 AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-2/
[ec2-user@ip-172-31-45-244 ~]$ sudo yum -y install httpd
[ec2-user@ip-172-31-45-244 ~]$ sudo systemctl start httpd

上記コマンドを実行することで、80番ポートでWebサーバーが起動します。


その後、Webブラウザを起動し、以下にアクセスしましょう。

http://<仮想マシンのパブリック IPv4 アドレス>

AWS(EC2)特定ポート解放の確認


上記のような画面が表示されれば、無事にAWS(EC2)上の特定ポート(80番)を解放できたことになります。

以上で、「ステップ3:AWS(EC2)で特定ポート(80番)が解放できたか確認」完了となります。

以上のステップにより、AWS(EC2)の特定ポートを解放することができます。

【まとめ】3ステップでAWS(EC2)の特定ポートを解放する手順

今回の記事を通して、「3ステップでAWS(EC2)の特定ポートを解放する手順」をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。

★悩み★
AWS(EC2)で特定のポートを解放する手順を知りたいなぁ。


AWS(EC2)上の仮想マシンの特定ポート(80番)を解放する手順は?」で悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました