スポンサーリンク

【5手順】PythonでPostgreSQLに接続する手順

★悩み★
・PythonでPostgreSQLに接続する手順を知りたい。
・PythonでPostgreSQLに接続してデータを登録する手順を知りたい。
・PythonでPostgreSQLに接続してデータを取得する手順を知りたい。


こういった「悩み」に答えます。
 

★本記事の内容★
① PythonでPostgreSQLに接続する手順をご紹介
② PythonでPostgreSQLに接続してデータを登録する手順をご紹介
③ PythonでPostgreSQLに接続してデータを取得する手順をご紹介


これからご紹介する「5手順でPythonでPostgreSQLに接続する手順」を実践したことで、筆者は15分以内でPythonでPostgreSQLに接続できました。

記事の前半では「PythonでPostgreSQLに接続する手順」を解説しつつ、記事の後半では「PythonからPostgreSQLを操作する手順」をご紹介します。

この記事を読み終えることで、「PythonでPostgreSQLに接続する手順と操作する手順」を把握した状態になります。

【5手順】PythonでPostgreSQLに接続する手順

「PythonでPostgreSQLに接続する手順」をご紹介します。

★PythonでPostgreSQLに接続するまでの流れ★
手順1:PostgreSQLのインストール
手順2:Pythonのインストール
手順3:PythonのPostgreSQLライブラリをインストール
手順4:PostgreSQLに接続するPythonプログラムを実装
手順5:PostgreSQLに接続するPythonプログラムの動作確認


上記の流れで「PythonでPostgreSQLに接続する手順」をご紹介していきます。

上記の各手順は、以下の環境で動作確認済みです。
動作確認済み環境:CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)


以降で、「PythonでPostgreSQLに接続するまでの流れ」における各手順に関してご紹介します。

手順1:PostgreSQLのインストール

「手順1:PostgreSQLのインストール」についてご紹介します。

PostgreSQLのインストール手順は、以下の記事をご覧ください。

既にPostgreSQLをインストールされている方は、本手順を省略してください。


以上で、「手順1:PostgreSQLのインストール」は完了です。

手順2:Pythonのインストール

「手順2:Pythonのインストール」についてご紹介します。

Pythonのインストール手順は、以下の記事をご覧ください。

既にPythonをインストールされている方は、本手順を省略してください。


以上で、「手順2:Pythonのインストール」は完了です。

手順3:PythonのPostgreSQLライブラリをインストール

「手順3:PythonのPostgreSQLライブラリをインストール」についてご紹介します。

PythonのPostgreSQLライブラリとして、「psycopg2」があります。
 

PythonからPostgreSQLに接続するために、psycopg2をインストールする必要があります。


psycopg2をインストールするために、端末上で以下のコマンドを実行しましょう。

$ sudo pip3 install psycopg2


以上で、「手順3:PythonのPostgreSQLライブラリをインストール」は完了です。

手順4:PostgreSQLに接続するPythonプログラムを実装

「手順4:PostgreSQLに接続するPythonプログラムを実装」についてご紹介します。
 

PythonでPostgreSQLに接続するプログラムを実装しましょう。


以下のプログラムをpostgresql-connect-test.pyというファイル名で保存しましょう。

import psycopg2

# 設定値
users = 'postgres' # DBにアクセスするユーザー名
dbnames = 'testdb' # 接続するデータベース名
passwords = 'postgres' # DBにアクセスするユーザーのパスワード

# PostgreSQLへ接続
conn = psycopg2.connect(" user=" + users +" dbname=" + dbnames +" password=" + passwords, host='127.0.0.1', port=5432)

# PostgreSQLの接続を終了
conn.close()

print("finish")


以上で、「手順4:PostgreSQLに接続するPythonプログラムを実装」は完了です。

手順5:PostgreSQLに接続するPythonプログラムの動作確認

「手順5:PostgreSQLに接続するPythonプログラムの動作確認」についてご説明します。
 

先ほど実装したPythonでPostgreSQLに接続するプログラムを実行しましょう。


以下のコマンドを実行し、PythonでPostgreSQLに接続するプログラムの動作を確認しましょう。

$ python3 postgresql-connect-test.py 
finish


上記のように「finish」が出力されれば、正常終了したことになります。

以上で、「手順5:PostgreSQLに接続するPythonプログラムの動作確認」は完了です。
 

上記の5手順で、簡単にPythonでPostgreSQLに接続できます。

PythonでPostgreSQLに接続してデータを登録する手順

「PythonでPostgreSQLに接続してデータを登録する手順」についてご紹介します。

★PythonでPostgreSQLに接続してデータを登録するまでの流れ★
手順1:PostgreSQLに接続してデータ登録するPythonプログラムを実装
手順2:PostgreSQLに接続してデータ登録するPythonプログラムの動作確認


上記の流れで「PythonでPostgreSQLにデータ登録する手順」をご紹介していきます。

上記の各手順は、以下の環境で動作確認済みです。
動作確認済み環境:CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)


以降で、「PythonでPostgreSQLに接続してデータを登録するまでの流れ」の各手順に関してご紹介します。

手順1:PostgreSQLに接続してデータ登録するPythonプログラムを実装

「手順1:PostgreSQLに接続してデータ登録するPythonプログラムを実装」に関してご説明します。

PostgreSQLにデータ登録するPythonプログラムを実装しましょう。


以下のプログラムをpostgresql-data-regist-test.pyというファイル名で保存しましょう。

import psycopg2

# 設定値
users = 'postgres' # DBにアクセスするユーザー名
dbnames = 'testdb' # 接続するデータベース名
passwords = 'postgres' # DBにアクセスするユーザーのパスワード

# PostgreSQLへ接続
conn = psycopg2.connect(" user=" + users +" dbname=" + dbnames +" password=" + passwords, host='127.0.0.1', port=5432)

# PostgreSQLへデータの登録
cur = conn.cursor()
cur.execute("INSERT INTO mymovie VALUES (2, 'b')")
conn.commit()
cur.close()

# PostgreSQLの接続を終了
conn.close()

print("finish")


以上で、「手順1:PostgreSQLに接続してデータ登録するPythonプログラムを実装」は完了です。

手順2:PostgreSQLに接続してデータ登録するPythonプログラムの動作確認

「手順2:PostgreSQLに接続してデータ登録するPythonプログラムの動作確認」に関してご説明します。
 

先ほど実装したPythonでPostgreSQLにデータ登録するプログラムを実行しましょう。


以下のコマンドを実行し、PythonでPostgreSQLにデータ登録するプログラムの動作を確認しましょう。

$ python3 postgresql-data-regist-test.py
finish


上記のように「finish」が出力されれば、正常終了したことになります。

以上で、「手順2:PostgreSQLに接続してデータ登録するPythonプログラムの動作確認」は完了です。
 

上記の2手順で、簡単にPythonでPostgreSQLに接続してデータ登録ができます。

PythonでPostgreSQLに接続してデータを取得する手順

「PythonでPostgreSQLに接続してデータを取得する手順」に関してご紹介します。

★PythonでPostgreSQLに接続してデータを取得するまでの流れ★
手順1:PostgreSQLに接続してデータを取得するPythonプログラムを実装
手順2:PostgreSQLに接続してデータ取得するPythonプログラムの動作確認


上記の流れで「PythonでPostgreSQLに接続してデータを取得する手順」をご紹介していきます。

上記の各手順は、以下の環境で動作確認済みです。
動作確認済み環境:CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)


以降で、「PythonでPostgreSQLに接続してデータを取得するまでの流れ」の各手順に関してご紹介します。

手順1:PostgreSQLに接続してデータを取得するPythonプログラムを実装

「手順1:PostgreSQLに接続してデータを取得するPythonプログラムを実装」についてご説明します。
 

PostgreSQLからデータを取得するPythonプログラムを実装しましょう。


以下のプログラムをpostgresql-data-get-test.pyというファイル名で保存しましょう。

import psycopg2

# 設定値
users = 'postgres' # DBにアクセスするユーザー名
dbnames = 'testdb' # 接続するデータベース名
passwords = 'postgres' # DBにアクセスするユーザーのパスワード

# PostgreSQLへ接続
conn = psycopg2.connect(" user=" + users +" dbname=" + dbnames +" password=" + passwords, host='127.0.0.1', port=5432)

# PostgreSQLからデータの取得
cur = conn.cursor()
cur.execute('SELECT * FROM mymovie;')
results = cur.fetchall()
print(results)
cur.close()

# PostgreSQLの接続を終了
conn.close()


以上で、「手順1:PostgreSQLに接続してデータを取得するPythonプログラムを実装」は完了です。

手順2:PostgreSQLに接続してデータ取得するPythonプログラムの動作確認

「手順2:PostgreSQLに接続してデータ取得するPythonプログラムの動作確認」に関してご説明します。
 

先ほど実装したPythonでPostgreSQLからデータを取得するプログラムを実行しましょう。


以下のコマンドを実行し、PythonでPostgreSQLからデータを取得するプログラムの動作を確認しましょう。

$ python3 postgresql-data-get-test.py
[(1, 'a'), (2, 'b')]


上記のように「登録されたデータ」が出力されれば、正常終了したことになります。

以上で、「手順2:PostgreSQLに接続してデータ取得するPythonプログラムの動作確認」は完了です。
 

上記の2手順で、簡単にPythonでPostgreSQLからデータを取得ができます。

【まとめ】PythonでPostgreSQLに接続する手順

今回の記事を通して、「PythonでPostgreSQLに接続する手順」をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。

★悩み★
・PythonでPostgreSQLに接続する手順を知りたい。
・PythonでPostgreSQLに接続してデータを登録する手順を知りたい。
・PythonでPostgreSQLに接続してデータを取得する手順を知りたい。


PythonでPostgreSQLに接続する手順?」で悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました