スポンサーリンク

【レビュー】Kaysuda SP200Uを1ヶ月使った感想【スピーカーフォン】

★悩み★
・Kaysuda SP200Uのスピーカーフォンはオンライン会議で使えるのかな。
・Kaysuda SP200Uのスピーカーフォンは簡単に使えるのかな。
・Kaysuda SP200Uの特徴ってなんだろうか。


こういった「悩み」に答えます。

★本記事の内容★
① Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を購入した理由をご紹介
② Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の特徴をご紹介
③ Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を使ってみた感想をご紹介


これからご紹介する「Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)」を使用したことで、イヤフォンを利用せずにオンライン会議に参加できるようになりました。

記事の前半では「Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の特徴」を解説しつつ、記事の後半では「Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を使ってみて把握した利点と欠点」を紹介します。

この記事を読み終えることで、「Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)がどのようなものか」を把握した状態になります。

筆者は、Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を2020年10月に購入しました。

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を購入した理由

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を購入した理由をご紹介します。

★ご紹介の流れ★
① スピーカーフォン購入の動機をご紹介
② Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を購入した理由をご紹介


上記の流れでご紹介します。

スピーカーフォン購入の動機をご紹介

スピーカーフォン購入の動機をご紹介します。

筆者は、以下の理由でスピーカーフォンを買いたいと思いました。

★スピーカーフォン購入の動機★
① イヤホンで長時間のオンライン会議に参加した際に耳が痛くなる
② コードありイヤホンでオンライン会議に参加した際に行動が制限される


以降で、各動機に関して詳しく説明します。

イヤホンで長時間のオンライン会議に参加した際に耳が痛くなる

テレワークにより、オンライン会議の頻度が増えました。

そのため、8時間勤務の中、「4時間イヤホンを付けっ放し」という日が多くなりました。

長時間イヤホンを着用することで、耳が密閉されるため、ムレなどにより耳が痛くなることが多くなりました。

そのようなことを度々していると、難聴になるという記事を見かけました。

イヤホンで耳が痛くなるとどうなるか?
上記をクリックすると新規タブで開きます。

耳が痛くなり難聴になることを防ぐために、「スピーカーフォン」の購入を決意しました。

コードありイヤホンでオンライン会議に参加した際に行動が制限される

筆者は、コードありイヤホンでオンライン会議に参加していました。

コードありのため、オンライン会議中はパソコンから離れることができません。

そのため、なかなかトイレに行ったり、冷蔵庫に飲み物を取りに行ったりすることができませんでした。

そんな行動の制約を避けるためにもスピーカーフォンを購入することを決意しました。

「身体の健康を守りたい」と「行動範囲を制限されたくない」というのがスピーカーフォン購入の動機です。

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を購入した理由

「スピーカーフォンを購入したい」という思いから、Google検索で以下の条件を満たす「スピーカーフォン」を探しました。

★スピーカーフォンに求める条件★
・小型であること
・USB接続ができること
・簡単な操作でボリューム操作やミュートにできること
・なるべく安価であること


上記を満たす製品がKaysuda SP200U(スピーカーフォン)でした。

1ヶ月、Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を使用しましたが、紛れもなく上記条件は満たされていました。

コスパ最強の製品といった感じです。

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の特徴

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の特徴をご紹介します。

★ご紹介の流れ★
・パッケージ:Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)
・付属品:Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)
・特徴:Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)


以降で、簡単に上記に関してご紹介します。

パッケージ:Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)のパッケージは、下図となります。

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)のパッケージ


黒を基調としていて、どこか男心をくすぶるかっこいいパッケージとなっています。

付属品:Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の付属品は、下図となります。

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の付属品


Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の付属品に関する一覧は、以下となります。

★付属品の一覧★
① Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の本体
② USBケーブル(約80cm)
③ 説明書


Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)は、ブラックとシルバーを基調としていてかっこいいです。

特徴:Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の特徴に関してご紹介します。

★Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の特徴★
・コンパクト(手のひらサイズ)
・USB接続するだけですぐに利用可能
・Skypeなどのオンライン会議ツールに利用可能
・USB給電で利用可能

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)のサイズ

「手のひらサイズぐらいの大きさ」かつ「USBケーブルも長い」ので設置場所には困らないです。


Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)のスペック情報は以下となります。

項目情報
メーカーKaysuda(中国の企業)
重量200g
サイズ121mm(D) ×34.7mm(H)
価格約8000円

重さも200gですので外出にも持っていけそうです。

以上が、「Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の特徴」となります。

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を使ってみた感想

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)を使ってみた感想をご紹介します。

Kaysuda SP200Uの良かった点

まず、Kaysuda SP200Uの良かった点についてご紹介します。

★Kaysuda SP200Uの良かった点★
・コンパクトでかつケーブルも長いため、置く場所に困らない
・簡単操作でボリューム操作とミュートができる
・最大ボリュームも大きく、1Kであればどこでも音が聞こえる
・USBケーブルをさすだけで利用可能(特別な設定は不要)

Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)の本体


上記4点がKaysuda SP200U(スピーカーフォン)を使ってみて感じた利点です。

何も設定することなくUSBケーブルをパソコンにさすだけで、すぐに利用できました。

Kaysuda SP200Uの良くない点

Kaysuda SP200Uの良くない点についてご紹介します。

★Kaysuda SP200Uの良くない点★
エコー防止機能が不完全


筆者のパソコンとの相性が悪いのか「エコー防止機能」がきちんと動作しませんでした。

オンライン会議にKaysuda SP200Uを利用した場合、「Kaysuda SP200Uのスピーカから出てくる相手の声をKaysuda SP200Uのマイクが拾い、相手の声がエコーする」という事象が発生しました。

オンライン会議で利用する際は、要注意という感じです。

「マイクは持っているけど、スピーカーが別途欲しい!」という方には、「Kaysuda SP200U」のご購入をオススメします。


「マイクとスピーカーを同一機体ですませたい」という方は、以下をご覧ください。

【まとめ】Kaysuda SP200Uを1ヶ月使った感想

今回の記事を通して、「Kaysuda SP200U(スピーカーフォン)」をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。

★悩み★
・Kaysuda SP200Uのスピーカーフォンはオンライン会議で使えるのかな。
・Kaysuda SP200Uのスピーカーフォンは簡単に使えるのかな。
・Kaysuda SP200Uの特徴ってなんだろうか。


Kaysuda SP200Uってどうなの」で悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました