スポンサーリンク

【3手順】Supersetをインストールする手順

★悩み★
・Apache Supersetをインストールする手順を知りたいな。
・インストールしたApache Supersetのセットアップ手順を知りたいな。
・インストールしたApache Supersetの起動方法を知りたいな。


こういった「悩み」に答えます。

★本記事の内容★
① Apache Supersetをインストールする手順をご紹介
② インストールしたApache Supersetのセットアップ手順をご紹介
③ インストールしたApache Supersetの起動手順をご紹介


これからご紹介する「Supersetをインストールする手順」を実践したことで、筆者は30分以内でApache Supersetをインストールできました。

記事の前半では「Apache Supersetをインストールとセットアップする手順」を解説しつつ、記事の後半では「Apache Supersetの起動手順」をご紹介します。

この記事を読み終えることで、「Supersetのインストールと起動手順」を把握した状態になります。

★Apache Supersetとは★
様々なデータや数字をグラフで可視化できるBIツールとなります。
下図のような綺麗なグラフを簡単に作ることができるツールです。

supersetで作ることができる図について


ちなみに、「Docker経由でApache Supersetをインストールする手順」が気になる方は、以下をご覧ください。

Apache Supersetをインストールする手順【3手順】

「Apache Supersetをインストールする手順」をご紹介します。

★Supersetのインストールの流れ★
手順1:Pythonのインストール
手順2:Supersetの起動に必要なPythonライブラリをインストール
手順3:Supersetのインストール


上記の流れで、Apache Supersetをインストールすることができます。

上記の各ステップは、以下の環境で動作確認済みです。
動作確認済み環境:CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)


以降で、「Supersetのインストールの流れ」の各手順に関してご紹介します。

手順1:Pythonのインストール【Supersetのインストールに必要】

「手順1:Pythonのインストール」に関してご紹介します。

Supersetをインストールするためには、Pythonが必要です。

Pythonのインストール方法は、以下の記事をご覧ください。

既にPythonをインストールされている方は、本手順を省略してください。


以上で、「手順1:Pythonのインストール」は完了です。

手順2:Supersetの起動に必要なPythonライブラリをインストール

「手順2:Supersetの起動に必要なPythonライブラリをインストール」に関してご紹介します。

端末またはコマンドプロンプトを起動し、Supersetの起動に必要なPythonライブラリをインストールするために、以下のコマンドを実行します。

$ sudo pip3 install virtualenv


以上で、「手順2:Supersetの起動に必要なPythonライブラリをインストール」は完了です。

手順3:Supersetのインストール

「手順3:Supersetのインストール」に関してご紹介します。

端末またはコマンドプロンプトを起動し、Supersetをインストールするために、以下のコマンドを実行します。

$ sudo pip3 install apache-superset


Supersetがインストールされたかを確認するために、以下のコマンドを実行します。

$ superset --version
Python 3.7.9
Flask 1.1.2
Werkzeug 0.16.1


上記のようにPythonのバージョン情報が出力された場合、Supersetが正常にインストールされたと判断できます。

以上で、「手順3:Supersetのインストール」は完了です。

以上の3手順でApache Supersetをインストールすることができました。

インストールしたApache Supersetのセットアップ手順

続いて、「インストールしたApache Supersetのセットアップ手順」に関してご紹介します。

★Supersetのセットアップの流れ★
手順1:インストールしたSupersetで利用するデータベースを初期化
手順2:インストールしたSupersetにログインできるユーザを作成


上記の流れで、インストールしたApache Supersetのセットアップができます。

上記の各ステップは、以下の環境で動作確認済みです。
動作確認済み環境:CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)


以降で、「Supersetのインストールの流れ」の各手順に関してご紹介します。

手順1:インストールしたSupersetで利用するデータベースを初期化

「インストールしたSupersetで利用するデータベースを初期化」に関してご紹介します。

先ほどインストールしたSupersetを利用するためには、データベースを初期化する必要があります。

端末またはコマンドプロンプトを起動し、インストールしたSupersetで利用するデータベースを初期化するために、以下のコマンドを実行します。

$ superset db upgrade


以上で、「手順1:インストールしたSupersetで利用するデータベースを初期化」は完了です。

手順2:インストールしたSupersetにログインできるユーザを作成

「手順2:インストールしたSupersetにログインできるユーザを作成」に関してご紹介します。

Supersetにログインできるユーザを作成するために、以下のコマンドを実行します。

$ export FLASK_APP=superset
$ superset fab create-admin
logging was configured successfully
INFO:superset.utils.logging_configurator:logging was configured successfully
/usr/local/lib64/python3.7/site-packages/flask_caching/__init__.py:192: UserWarning: Flask-Caching: CACHE_TYPE is set to null, caching is effectively disabled.
  "Flask-Caching: CACHE_TYPE is set to null, "
No PIL installation found
INFO:superset.utils.screenshots:No PIL installation found
Username [admin]: admin
User first name [admin]: admin
User last name [user]: admin
Email [admin@fab.org]: admin
Password:
Repeat for confirmation:
Recognized Database Authentications.
Admin User admin created.


また、Supersetにサンプルデータをインポートしたい場合は、以下のコマンドを実行しましょう。

$ superset load_examples
$ superset init


以上で、「手順2:インストールしたSupersetにログインできるユーザを作成」は完了です。

以上の2手順でApache Supersetをセットアップすることができました。

インストールしたApache Supersetの起動手順

「インストールしたApache Supersetの起動手順」に関してご紹介します。

端末またはコマンドプロンプトを起動し、Supersetを起動するために、以下のコマンドを実行します。

$ $ superset run -p 30000 -h 0.0.0.0
logging was configured successfully
INFO:superset.utils.logging_configurator:logging was configured successfully
/usr/local/lib64/python3.7/site-packages/flask_caching/__init__.py:192: UserWarning: Flask-Caching: CACHE_TYPE is set to null, caching is effectively disabled.
  "Flask-Caching: CACHE_TYPE is set to null, "
No PIL installation found
INFO:superset.utils.screenshots:No PIL installation found
 * Environment: production
   WARNING: This is a development server. Do not use it in a production deployment.
   Use a production WSGI server instead.
 * Debug mode: off
INFO:werkzeug: * Running on http://0.0.0.0:30000/ (Press CTRL+C to quit)


上記のコマンド実行後、Webブラウザで以下にアクセスします。
アクセスURL:http://<superset runを実行したマシンのIPアドレス>:30000

supersetのログインページ


の赤枠をクリックし「日本語」を選択することで、下図のようにSupersetの表記を「日本語」に変更できます。

supersetログイン画面(日本語)


上図のユーザ名とパスワードに「admin」を入力し、「サインイン」をクリックすると、以下の画面に遷移します。

supersetのログイン後画面


「Charts」ボタンをクリックすることで、下図のようにSupersetにインポートしたサンプルデータの一覧が表示されます。

supersetにインポートしたサンプルデータの一覧


例えば、「Energy Force Layout」をクリックすることで、下図のグラフを閲覧できます。

supersetにインポートしたサンプルデータの表示

以上が、「インストールしたApache Supersetの起動手順とログイン手順」となります。

【まとめ】Supersetをインストールする手順

今回の記事を通して、Supersetをインストールする手順」をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。

★悩み★
・Apache Supersetをインストールする手順を知りたいな。
・インストールしたApache Supersetのセットアップ手順を知りたいな。
・インストールしたApache Supersetの起動方法を知りたいな。


Supersetをインストールする手順?」で悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました