スポンサーリンク

【コピペOK】SupersetとPostgreSQLを接続する手順

★悩み★
・SupersetとPostgreSQLを接続する手順を知りたい。
・PostgreSQLのデータをSupersetで可視化する手順を知りたい。


こういった「悩み」に答えます。

★本記事の内容★
① SupersetとPostgreSQLを接続する手順をご紹介
② PostgreSQLのデータをSupersetで可視化する手順をご紹介


これからご紹介する「SupersetとPostgreSQLを接続する手順」を実践したことで、筆者は30分以内でApache SupersetとPostgreSQLを接続できました。

記事の前半では「SupersetとPostgreSQLを接続する手順」を解説します。

記事の後半では「PostgreSQLのデータをSupersetで可視化する手順」をご紹介します。

この記事を読み終えることで、「SupersetとPostgreSQLを接続する手順と可視化する手順」を把握した状態になります。

★Supersetとは★
様々なデータや数字をグラフで可視化できるBIツールとなります。
下図のような綺麗なグラフを簡単に作ることができるツールです。

supersetで作ることができる図について

SupersetとPostgreSQLを接続する手順

「SupersetとPostgreSQLを接続する手順」に関してご紹介します。

★SupersetとPostgreSQLを接続するまでの流れ★
手順1:Supersetのインストール
手順2:PostgreSQLのインストール
手順3:SupersetとPostgreSQLの接続に必要なライブラリをインストール
手順4:Supersetで可視化したいデータをPostgreSQLに作成
手順5:SupersetとPostgreSQLを接続


上記の流れで、SupersetとPostgreSQLを接続することができます。

上記の各手順は、以下の環境で動作確認済みです。
動作確認済み環境:CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)


以降で、「SupersetとPostgreSQLを接続するまでの流れ」の各手順に関してご紹介します。

手順1:Supersetのインストール

「手順1:Supersetのインストール」に関してご紹介します。

SupersetとPostgreSQLを接続するためにも、Apache Supersetのインストールが必要です。

Apache Supersetのインストール手順は、以下の記事をご覧ください。

既にApache Supersetをインストールされている方は、本手順を省略してください。


以上で、「手順1:Supersetのインストール」は完了です。

手順2:PostgreSQLのインストール

「手順2:PostgreSQLのインストール」に関してご紹介します。

SupersetとPostgreSQLを接続するためにも、PostgreSQLのインストールが必要です。

PostgreSQLのインストール手順は、以下の記事をご覧ください。

既にPostgreSQLをインストールされている方は、本手順を省略してください。


以上で、「手順2:PostgreSQLのインストール」は完了です。

手順3:SupersetとPostgreSQLの接続に必要なライブラリをインストール

「手順3:SupersetとPostgreSQLの接続に必要なライブラリをインストール」に関してご紹介します。

SupersetとPostgreSQLの接続に必要なライブラリをインストールするために、端末またはコマンドプロンプト上で以下のコマンドを実行します。

$ sudo yum -y install postgresql-devel
$ sudo pip3 install psycopg2


以上で、「手順3:SupersetとPostgreSQLの接続に必要なライブラリをインストール」は完了です。

手順4:Supersetで可視化したいデータをPostgreSQLに作成

「手順4:Supersetで可視化したいデータをPostgreSQLに作成」に関してご紹介します。

Supersetで可視化したいデータをPostgreSQLに作成するために、以下のコマンドを実行しましょう。

$ psql -U postgres
Password for user postgres: ★postgresユーザのパスワードを入力★
postgres=# create database testdb;
postgres=# \c testdb
testdb=# create table seo_ranking (
    search_date date,
    keyword text,
    site_url text,
    site_title text,
    rank integer,
    primary key(search_date, keyword, site_url)
    );
testdb=# insert into seo_ranking values(
    '2020-12-5',
    'webhdfs',
    'kakedashi-xx.com',
    'how to use',
    4
    );
testdb=# insert into seo_ranking values(
    '2020-12-4',
    'webhdfs',
    'kakedashi-xx.com',
    'how to use',
    1
    );
testdb=# insert into seo_ranking values(
    '2020-12-3',
    'webhdfs',
    'kakedashi-xx.com',
    'how to use',
    10
    );

上記コマンドでPostgreSQLに以下を作成しました。
・testdbというデータベースを作成
・testdb内にseo_rankingというテーブルを作成
・seo_ranking内にデータを挿入


以上で、「手順4:Supersetで可視化したいデータをPostgreSQLに作成」は完了です。

手順5:SupersetとPostgreSQLを接続

「手順5:SupersetとPostgreSQLを接続」に関してご紹介します。

Supersetの起動

「SupersetとPostgreSQLを接続」するために、Supersetを起動する必要があります。

Supersetの起動手順に関しては、以下の記事「インストールしたApache Supersetの起動手順」をご覧ください。

以上で、「Supersetの起動」は完了です。

SupersetとPostgreSQLの接続設定

Superset上で「SupersetとPostgreSQLの接続設定」を行います。

Webブラウザを起動し、以下にアクセスSupersetにログインしましょう。
アクセスURL:http://<superset runを実行したマシンのIP>:30000

supersetログイン画面(日本語)


ログイン後、下図のように「Dataタブ内にあるDatabases」をクリックします。

SupersetのDataタブをクリック


クリック後、「+」(下図の赤枠)をクリックします。

supersetでデータベースを登録


クリック後、以下の情報を入力しましょう。
・Database(下図の赤枠):postgres
・SQL Alchemy URL(下図の黄緑枠):
 postgresql+psycopg2://postgres:@<PostgreSQLをインストールしたIPアドレス>:<PostgreSQLのポート番号>/testdb

supersetでデータベースの情報を入力


入力後、「TEST CONNECTION」をクリックし、「Seems OK!」が表示されることを確認します。

「Seems OK!」が表示されない場合、「入力した情報」もしくは「ファイアーウォールの設定」を確認しましょう。


その後、「保存」(下図の赤枠)をクリックしましょう。

supersetのデータベース設定を保存


クリック後、保存した情報(下図の赤枠)が表示されたことを確認しましょう。


以上で、「SupersetとPostgreSQLの接続設定」は完了です。

以上が、「手順5:SupersetとPostgreSQLを接続」となります。

上記の5手順で、SupersetとPostgreSQLを接続できました。

PostgreSQLのデータをSupersetで可視化する手順

「PostgreSQLのデータをSupersetで可視化する手順」に関してご紹介します。

★PostgreSQLのデータをSupersetで可視化までの流れ★
手順1:Supersetで可視化したいPostgreSQLのテーブルを登録
手順2:登録したPostgreSQLのテーブルをSupersetで可視化


上記の流れで、PostgreSQLのデータをSupersetで可視化できます。

上記の各手順は、以下の環境で動作確認済みです。
動作確認済み環境:CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)


以降で、「PostgreSQLのデータをSupersetで可視化までの流れ」の各手順に関してご紹介します。

手順1:Supersetで可視化したいPostgreSQLのテーブルを登録

「手順1:Supersetで可視化したいPostgreSQLのテーブルを登録」に関してご紹介します。

「Data」タブ内の「Datasets」クリック後、「+」をクリックしましょう。

supersetでテーブルを登録する(1)


以下の情報を入力し、「保存」ボタンをクリックします。
・Database:postgresを選択
・Table Name:seo_rankingを入力

supersetでテーブルを登録する(2)


クリック後、保存した情報(下図の赤枠)が表示されたことを確認しましょう。

supersetでテーブルを登録する(2)


以上で、「手順1:Supersetで可視化したいPostgreSQLのテーブルを登録」は完了です。

手順2:登録したPostgreSQLのテーブルをSupersetで可視化

「手順2:登録したPostgreSQLのテーブルをSupersetで可視化」に関してご紹介します。

「Charts」をクリック後、「+」をクリックしましょう。

supersetでpostgresqlのデータを可視化する手順1


クリック後、以下の情報を入力し、「CREATE NEW CHART」をクリックします。
・Choose a datasource:seo_rankingを選択
・Choose a visualization type:Line Chartを選択

supersetでpostgresqlのデータを可視化する手順2


以下の設定後、「RUN」(下図のオレンジ枠)をクリックすることで、下図の右側にグラフが描画されます。
・Times:下図の赤枠のように設定
・クエリ:下図の青枠のように設定


以上で、「手順2:登録したPostgreSQLのテーブルをSupersetで可視化」は完了です。

上記2手順で、PostgreSQLのデータをSupersetで可視化できました。

【まとめ】SupersetとPostgreSQLを接続する手順

今回の記事を通して、「SupersetとPostgreSQLを接続する手順」をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。

★悩み★
・SupersetとPostgreSQLを接続する手順を知りたい。
・PostgreSQLのデータをSupersetで可視化する手順を知りたい。


SupersetとPostgreSQLを接続する手順?」で悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました