スポンサーリンク

Pythonで検索順位チェックツールを自作する手順【SEOツール】

★悩み★
・サイトの検索順位をチェックするツールはないのだろうか。
・RankTrackerなどの「有料検索順位チェックツール」は使いたくないな。
・Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を作れないだろうか。


こういった「悩み」に答えます。

★本記事の内容★
① 検索順位チェックツール(SEOツール)を自作したいと考えた背景をご紹介
② Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作する手順をご紹介
③ Pythonで自作した検索順位チェックツールとRankTrackerの比較をご紹介


これからご紹介する「Pythonで検索順位チェックツールを自作する手順」を実践したことで、筆者は1週間でPythonで検索順位チェックツールを作れました。

記事の前半では「検索順位チェックツール(SEOツール)を自作したいと考えた背景」を解説します。
記事の後半では「Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作する手順とRankTrackerとの比較」をご紹介します。

この記事を読み終えることで、「Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作する手順の把握」と「Pythonスキルが向上」した状態になります。

Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作の背景

「Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作したいと考えた背景」に関してご紹介します。

★検索順位チェックツール(SEOツール)を自作したいと考えた理由★
理由①:有料検索順位チェックツールを購入する余裕がないから
理由②:有料検索順位チェックツールRankTrackerに不満を感じたから


上記2つの理由から、Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作しようと考えました。

以降で、「検索順位チェックツール(SEOツール)を自作したいと考えた理由」の各理由に関してご説明します。

理由①:有料検索順位チェックツールを購入する余裕がないから

「理由①:有料検索順位チェックツール(SEOツール)を購入する余裕がないから」に関してご説明します。

有料な検索順位チェックツール(SEOツール)として、以下のツールがあります。

★有料検索順位チェックツール(SEOツール)★
ahrefs:179ドル / 月(月で約18,740円)
GRC:900円 / 月
Rank Tracker:299ドル / 年(年で31,303円)


現状の生活を鑑みたところ、上記の有料検索順位チェックツール(SEOツール)にお金を払う余裕はありませんでした。

有料検索順位チェックツール(SEOツール)の中で、GRCの料金が突出して安いですが、Windowsでのみ動作するソフトウェアです。


以上が、「理由①:有料検索順位チェックツール(SEOツール)を購入する余裕がないから」となります。

理由②:有料検索順位チェックツールRankTrackerに不満を感じたから

「理由②:有料検索順位チェックツール(SEOツール)RankTrackerに不満を感じたから」に関してご説明します。

有料検索順位チェックツール(SEOツール)RankTrackerを利用している知人にお願いし、数時間RankTrackerを触らせてもらいました。

「操作性が良い画面」や「画面が日本語」など良い点が多いソフトウェアだと感じました。


有料検索順位チェックツール(SEOツール)RankTrackerには、良い点がたくさんありましたが、1つだけ不満がありました。

★有料検索順位チェックツールRankTrackerに対する不満★
記事のキーワードを手動でRankTrackerへ登録


RankTrackerの下記画面(下図の赤枠に、記事ごとのキーワードを手動で登録する必要があります。

有料検索順位チェックツールRankTrackerキーワード設定


以下が煩わしいと感じました。
・「記事執筆」のたびに、RankTrackerにキーワードを入力
・「リライト」のたびに、RankTrackerに登録したキーワードを修正


以上が、「理由②:有料検索順位チェックツールRankTrackerに不満を感じたから」となります。

上記2つの理由から、筆者が得意とするプログラミング言語「Python」を用いて、検索順位チェックツール(SEOツール)を自作しようと考えました。


Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作する手順

「Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作する手順」に関してご紹介します。

★Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作するまでの流れ★
手順1:Pythonで自作する検索順位チェックツールの構成を検討
手順2:検索順位をチェックしたいキーワードをWordPress APIから取得
手順3:Pythonでキーワードごとの検索順位をチェック
手順4:Pythonでチェックしたその日の検索順位を保存
手順5:定期的にPythonで検索順位チェックと保存を実施
手順6:Pythonでチェックした検索順位をグラフで可視化
手順7:Pythonで自作した検索順位チェックツールの動作確認


上記の流れで、Pythonを用いて検索順位チェックツール(SEOツール)を自作できます。

以降で、「Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作するまでの流れ」の各手順に関してご説明します。

手順1:Pythonで自作する検索順位チェックツール(SEOツール)の構成を検討

「手順1:Pythonで自作する検索順位チェックツール(SEOツール)の構成を検討」に関してご説明します。


pythonで自作する検索順位チェックツールの構成


上図が「Pythonで自作する検索順位チェックツール(SEOツール)の構成」となります。

「極力無料であること」と「難易度が低いこと」を意識した構成を考えました。


上図「Pythonで自作する検索順位チェックツール(SEOツール)」の開発には、以下が必要です。

★「Pythonで自作する検索順位チェックツール」の開発に必要なもの★
・パソコン1台(OSは、Linux、windows、MacOSどれでも可)
・WordPressを用いて記事を執筆していること
・Pythonスキル(書き方を知っている程度で問題なし)


Pythonスキルに関しては、「本ブログでコピペ可能な手順を掲載」しているため、Python入門者でも問題ないです。

ちなみに、Linux系のOS(例:CentOS)を選択することで、「検索順位チェックツール自作」の難易度が「より」低くなります。


以上が、「手順1:Pythonで自作する検索順位チェックツール(SEOツール)の構成を検討」となります。

手順2:検索順位をチェックしたいキーワードをWordPress APIから取得

「手順2:検索順位をチェックしたいキーワードをWordPress APIから取得」に関してご説明します。

手順1で掲載した構成図の「①各記事のキーワード取得」の作り方に関してです。


下図のように、各記事のキーワードを決めた上で、WordPressで記事を執筆していると考えます。


以下の記事を参照し、「PythonでWordPressのAPIを使って、各記事のキーワードを取得」を実現しましょう。


以上で、「手順2:検索順位をチェックしたいキーワードをWordPress APIから取得」は完了です。

手順3:Pythonでキーワードごとの検索順位をチェック

「手順3:Pythonでキーワードごとの検索順位をチェック」に関してご説明します。

手順1で掲載した構成図の「②Googleでの検索順位を確認」の作り方に関してです。


Pythonを利用することで、「手順2で取得したキーワードごとのGoogleでの検索順位」を簡単にチェックできます。

以下の記事を参照し、「Pythonでキーワードごとの検索順位をチェック」を実現しましょう。


以上で、「手順3:Pythonでキーワードごとの検索順位をチェック」は完了です。

手順4:Pythonでチェックしたその日の検索順位を保存

「手順4:Pythonでチェックしたその日の検索順位を保存」に関してご説明します。

手順1で掲載した構成図の「③その日の検索順位を保存」の作り方に関してです。


日毎によって、Googleでのキーワードごとの検索順位は、変動します。

キーワードごとの検索順位の日々の変動を確認するためにも、その日のキーワードごとの検索順位をデータベースに保存しましょう。

以下の記事を参照し、「Pythonでキーワードごとの検索順位をデータベースへ保存」しましょう。


以上で、「手順4:Pythonでチェックしたその日の検索順位を保存」は完了です。

手順5:定期的にPythonで検索順位チェックと保存を実施

「手順5:定期的にPythonで検索順位チェックと保存を実施」に関してご説明します。

手順2から手順4でPythonで作成した「検索順位チェック機構」を定期的に実行するために、cronを利用しましょう。

cronを利用することで、Pythonで作成した「検索順位チェック機構」を毎時24時に起動できます。


以下の記事「ステップ3:Dynamic DO!.jpのDNSを定期的に更新」参照し、cronを利用し「定期的にPythonで検索順位チェックと保存の実施」を実現しましょう。


以上で、「手順5:定期的にPythonで検索順位チェックと保存を実施」は完了です。

手順6:Pythonでチェックした検索順位をグラフで可視化

「手順6:Pythonでチェックした検索順位をグラフで可視化」に関してご説明します。

手順1で掲載した構成図の「④検索順位をグラフ化」の作り方に関してです。


手順4で保存した「日々の検索順位」を無料グラフ化ツール「Apache Superset」を用いて、検索順位をグラフ化しましょう。

以下の記事を参照し、Apache Supersetで検索順位をグラフ化しましょう。


以上で、「手順6:Pythonでチェックした検索順位をグラフで可視化」は完了です。

手順7:Pythonで自作した検索順位チェックツール(SEOツール)の動作確認

「手順7:Pythonで自作した検索順位チェックツール(SEOツール)の動作確認」に関して説明します。

手順1で掲載した構成図の「⑤グラフ閲覧」に関してです。


Pythonで作成した「検索順位チェック機構」によって収集されたデータをApache Supersetでグラフ化すると、下図のようになります。


ちなみに、Apache Supersetの設定に次第では、ランキングの棒グラフも作れます。


以上で、「手順7:Pythonで自作した検索順位チェックツール(SEOツール)の動作確認」は完了です。

上記の7手順により、Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作できました。


Pythonで自作した検索順位チェックツールとRankTrackerの比較

「Pythonで自作した検索順位チェックツール(SEOツール)とRankTrackerの比較」に関してご紹介します。

最後に、RankTrackerとの比較を掲載します。


比較項目自作ツールRankTracker
価格84ドル/年(GCPを利用)299ドル/年
登録できるURL数/キーワード数無制限無制限
検索順位の出力機能(例:HTMLやCSV出力)
検索順位確認画面の日本語対応
サポート(例:マニュアル有無など)×(問題発生時は、Google検索するしかない)△(日本語のマニュアルなし)
GUIの使いやすさ△(使いやすい画面の作り込みが必要)
キーワードの自動登録機能×(手動で登録)
競合調査(他社サイトの検索順位も追跡できるかどうか)
Mac対応
自動実行(スケジューリング機能)
キーワードの提案(現在上位になっているキーワードをピックアップする機能)×


「コストを抑えたい」や「キーワードを自動登録した」場合は、「Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)」の採用をオススメします。


以上が、「Pythonで自作した検索順位チェックツールとRankTrackerの比較」となります。

【まとめ】Pythonで検索順位チェックツールを自作する手順【SEOツール】

今回の記事を通して、「Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作する手順」をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。

★悩み★
・サイトの検索順位をチェックするツールはないのだろうか。
・RankTrackerなどの「有料検索順位チェックツール」は使いたくないな。
・Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を作れないだろうか。


Pythonで検索順位チェックツール(SEOツール)を自作する手順?」で悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました