スポンサーリンク

【図解】Twitter APIの申請手順【APIキーとトークン取得も解説】

【図解】Twitter APIの申請手順【APIキーとトークン取得も解説】

 

★悩み★
・プログラミング言語からツイートしたいけど、何か準備がいるのかな。
・Twitter APIを使うために「申請」が必要って聞いたけど本当なのかな。
・Twitter APIキーとアクセストークンを取得する手順を知りたいな。


こういった「悩み」に答えます。
 

★本記事の内容★
① Twitter APIを申請する手順をご紹介
② Twitter APIキーとアクセストークンを取得する手順をご紹介


これからご紹介する「Twitter APIの申請手順【APIキーとトークン取得も解説】」を実践したことで、1時間以内で「Twitter APIキーとアクセストークンを取得」できました。

記事の前半では「Twitter APIを申請する手順」を解説しつつ、記事の後半では「Twitter APIキーとアクセストークンを取得する手順」を紹介します。

この記事を読み終えることで、「プログラミング言語からTwitterを操作する準備ができた」状態になります。
 

★Twitter APIとは★
Twitter APIとは、ツイートの取得と投稿、リツイートやタイムラインの取得といったTwitterのサービスを、公式ウェブサイトを経由せずに利用できるサービスです。Twitter APIサービスを利用するためには、後述する利用申請が必要です。

参照:公式サイト(Twitter APIとは)

 

★Twitter APIキーとアクセストークンとは★
Twitter APIのサービスを使用するために必要な情報です。この情報を利用することで、プログラミング言語からツイート投稿できるようになります。


ちなみに、「PythonからTwitter APIを利用する手順」に関しては、以下の記事をご覧ください。
 


ちなみに、「RubyからTwitter APIを利用する手順」に関しては、以下の記事をご覧ください。
 


ちなみに、「JavaからTwitter APIを利用する手順」に関しては、以下の記事をご覧ください。
 

 

 

 

Twitter APIを申請する手順

Twitter APIを申請する手順


「Twitter APIを申請する手順」に関してご紹介します。

★Twitter APIを申請する流れ★
手順1:メールアドレスを取得
手順2:Twitterアカウントを取得
手順3:Twitter APIの利用申請
手順4:Twitter社からのメール経由でTwitter APIの本登録


上記の流れで、「Twitter APIを申請」できます。
 

上記の各手順は、以下の日時で動作確認済みです。
動作確認済み日時:2021年5月12日


以降で、上記「Twitter APIを申請する流れ」の各手順に関してご説明します。
 

手順1:メールアドレスを取得【Twitter APIの申請に必要】

「手順1:メールアドレスを取得」に関してご説明します。
 

Twitter APIを申請するためには、メールアドレスが必要です。


約10分でメールアドレスを取得できる「Google社が提供するGmail」を使いましょう。

「Gmailのメールアドレスを取得する手順」に関しては、以下の記事の「手順1:Googleアカウントの作成【Gmailを利用するために必要】」をご覧ください。
 

 

既にメールアドレスを持っている方は、本手順を省略してください。


以上で、「手順1:メールアドレスを取得」は完了です。
 

手順2:Twitterアカウントを取得【Twitter APIの申請に必要】

「手順2:Twitterアカウントを取得」に関してご説明します。
 

Twitter APIの利用申請をするためには、Twitterアカウントが必要です。


Webブラウザを起動し、下記にアクセスし、Twitterアカウントを作成しましょう。
Twitterアカウント作成ページ
 

既にTwitterアカウントを持っている方は、本手順を省略してください。


以上で、「手順2:Twitterアカウントを取得」は完了です。
 

手順3:Twitter APIの利用申請

「手順3:Twitter APIの利用申請」に関してご説明します。
 

Twitter APIを利用するためには、英語で利用申請をする必要があります。


Webブラウザを起動し、Twitterにログインした状態で、以下のDeveloperサイトにアクセスしましょう。
Developerサイト

アクセス後、「Create an app」(下図の赤枠)をクリックしてください。
 

手順3:Twitter APIの利用申請



クリック後、「Apply」(下図の赤枠)をクリックします。
 

手順3:Twitter APIの利用申請



クリック後、「Twitter API利用目的」を選択するページが表示されます。
今回は、「Hobbyist」(下図の赤枠)と「Making a bot」(下図の青枠)を選択しましょう。
選択後、「Get started」をクリックしてください。
 

手順3:Twitter APIの利用申請



クリック後、以下の情報を入力し、「Next」をクリックしましょう。
・ニックネーム:「blog bot」と入力
・住んでいる国:「Japan」を選択
・プログラミングスキル:「Highly experienced」を選択
 

手順3:Twitter APIの利用申請


クリック後、「どのような目的でTwitter APIを利用しますか?」に対して、英語で答えます。
今回は、以下のように回答しました。

1.I want to use Twitter API to automatically display articles posted from my website onto Twitter timeline.
2.I want to automatically display them on the Twitter timeline once a day.
3.Even if I use Twitter's API to get contents from Twitter, I will not display them outside of Twitter.

 

手順3:Twitter APIの利用申請



続いて、「Twitterのデータを分析しますか?」に対して、英語で答えます。
今回は、以下のように回答しました。

I want to analyze the tweets that are popular with users that are automatically tweeted using Twitter API from my website.

 

手順3:Twitter APIの利用申請



次に、「Twitter APIでツイートやリツイートなどを利用しますか?」に対して、英語で答えます。
今回は、以下のように回答しました。

My application uses a tweet function. I want to tweet about famous article in http://kakedashi-xx.com daily.

 

手順3:Twitter APIの利用申請



その後、以下の質問を選択形式で回答します。
回答後、ページ末尾にある「Next」をクリックして下さい。
 

手順3:Twitter APIの利用申請



クリック後、記入内容の確認画面が表示されます。
内容を確認し、問題がなければ「Next」をクリックしてください。
 

手順3:Twitter APIの利用申請



ボタンクリック後、Twitter APIの利用規約が表示されます。問題ないことを確認した上で、「Submit application」をクリックしましょう。
 

手順3:Twitter APIの利用申請



クリック後、「メールを送信しました」(下図)が表示されます。
 

手順3:Twitter APIの利用申請



以上で、「手順3:Twitter APIの利用申請」は完了です。
 

手順4:Twitter社からのメール経由でTwitter APIの本登録

「手順4:Twitter社からのメール経由でTwitter APIの本登録」に関してご説明します。
 

Twitter API利用申請後、Twitter社からメールが来ます。そのメール経由でTwitter APIを本登録しましょう。


Twitter API利用申請時に登録した「メールアドレス」に下記メールが来ていることを確認してください。
その後、メール本文に記載されている「Confirm your email」をクリックします。
 

手順4:Twitter社からのメール経由でTwitter APIの本登録



クリック後、「Twitter APIの管理画面」(下図)が表示された場合、「正常にTwitter APIを利用できる状態になった」と判断できます。
 

手順4:Twitter社からのメール経由でTwitter APIの本登録



以上で、「手順4:Twitter社からのメール経由でTwitter APIの本登録」は完了です。
 

上記の流れで、Twitter APIを申請できました。

 

Twitter APIキーとアクセストークンを取得する手順

Twitter APIキーとアクセストークンを取得する手順


「Twitter APIキーとアクセストークンを取得する手順」に関してご紹介します。

★Twitter APIキーとアクセストークンを取得の流れ★
手順1:Twitter API管理画面でAPIキーを取得(アプリケーション情報を登録)
手順2:Twitter APIに登録したアプリケーション情報の修正
手順3:Twitter API管理画面で「アクセストークン」を作成


上記の流れで、「Twitter APIキーとアクセストークンを取得」できます。
 

上記の各手順は、以下の日時で動作確認済みです。
動作確認済み日時:2021年5月12日


以降で、上記「Twitter APIキーとアクセストークンを取得の流れ」の各手順に関してご説明します。
 

手順1:Twitter API管理画面でAPIキーを取得(アプリケーション情報を登録)

「手順1:Twitter API管理画面でAPIキーを取得(アプリケーション情報を登録)」に関してご説明します。
 

Twitter API管理画面でアプリケーション情報を登録し、APIキーを取得しましょう。


Webブラウザを起動し、アプリケーション登録画面にアクセスしてください。
アプリケーション登録画面

アクセス後、「プロジェクト名」入力し(本記事では、blog_botと入力)、「Next」をクリックしてください。
 

手順1:Twitter API管理画面でAPIキーを取得(アプリケーション情報を登録)



クリック後、「Making a bot」を選択し、「Next」をクリックしましょう。
 

手順1:Twitter API管理画面でAPIキーを取得(アプリケーション情報を登録)



クリック後、登録するプロジェクトの説明を英語で記入します。今回は、以下のように記入しました。

Bot which tweet daily famous article in http://kakedashi-xx.com

 

手順1:Twitter API管理画面でAPIキーを取得(アプリケーション情報を登録)



クリック後、「Twitter APIを利用するアプリケーション名」を登録します。今回は、「kakedashi-bot」のように記入しました。

入力後、「Complete」をクリックしてください。
 

手順1:Twitter API管理画面でAPIキーを取得(アプリケーション情報を登録)



クリック後、APIキーが表示されます。忘れずに「API Key」と「API Secret Key」をメモしておきましょう。(メモし忘れても、APIキーは再生成できるので安心してください。)

手順1:Twitter API管理画面でAPIキーを取得(アプリケーション情報を登録)



以上で、「手順1:Twitter API管理画面でAPIキーを取得(アプリケーション情報を登録)」は完了です。
 

手順2:Twitter APIに登録したアプリケーション情報の修正

「手順2:Twitter APIに登録したアプリケーション情報の修正」に関してご説明します。
 

初回登録したアプリケーション情報では、プログラミング経由でツイートを投稿できないため、Twitter APIの設定を変更しましょう。


Twitter API管理画面を開き、手順1で登録したアプリケーション情報を開きましょう。
アクセス後、「App permissions」横にある「Edit」(下図の赤枠)をクリックします。
 

手順2:Twitter APIに登録したアプリケーション情報の修正



クリック後、「Read and Write」を選択し、「Save」をクリックしてください。
 

手順2:Twitter APIに登録したアプリケーション情報の修正



以上で、「手順2:Twitter APIに登録したアプリケーション情報の修正」は完了です。
 

手順3:Twitter API管理画面で「アクセストークン」を作成

「手順3:Twitter API管理画面で「アクセストークン」を作成」に関してご説明します。
 

Twitter API管理画面で、アクセストークンを作成しましょう。


Twitter管理画面から、手順1で作成したアプリケーション情報の画面を開きましょう。
その後、「Keys and tokens」(下図の青枠)をクリックし、「Regenerate」(下図の赤枠)をクリックしてください。
 

手順3:Twitter API管理画面で「アクセストークン」を作成



クリック後、確認画面が表示されます。
「Yes, regenerate」をクリックしましょう。
 

手順3:Twitter API管理画面で「アクセストークン」を作成



クリック後、アクセストークンが表示されます。忘れずに「Access Token」と「Access Token Secret」をメモしておきましょう。(メモし忘れても、アクセストークンは再生成できるので安心してください。)
 

手順3:Twitter API管理画面で「アクセストークン」を作成



以上で、「手順3:Twitter API管理画面で「アクセストークン」を作成」は完了です。
 

上記の流れで、Twitter APIキーとアクセストークンを取得できました。

 

【まとめ】Twitter APIの申請手順【APIキーとトークン取得も解説】

今回の記事を通して、Twitter APIの申請手順【APIキーとトークン取得も解説】」をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。

★悩み★
・プログラミング言語からツイートしたいけど、何か準備がいるのかな。
・Twitter APIを使うために「申請」が必要って聞いたけど本当なのかな。
・Twitter APIキーとアクセストークンを取得する手順を知りたいな。


Twitter APIの申請手順?」で悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました