スポンサーリンク

DockerHubの使い方【イメージ公開→ダウンロード→削除を解説】

DockerHubの使い方【イメージ公開→ダウンロード→削除を解説】

 

★悩み★
・基本的なDockerHubの使い方を知りたいな。
・Dockerで作成したコンテナイメージをDockerHubに公開したいな。
・DockerHubに公開されたコンテナイメージをダウンロードしたいな。
・DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除したいな。



こういった「悩み」に答えます。
 

★本記事の内容★
① DockerHubにコンテナイメージを公開するまでの準備をご紹介
② DockerHubの基本的な使い方(公開→ダウンロード→削除)をご紹介



これからご紹介する「DockerHubの使い方(イメージ公開→ダウンロード→削除を解説)」を実践したことで、30分以内で「DockerHubにコンテナイメージを公開(アップロード)」できました。

記事の前半では「DockerHubを使うまでの準備(アカウント作成とdockerのインストール)」を解説しつつ、記事の後半では「DockerHubの基本的な使い方(公開→ダウンロード→削除)」を紹介します。

この記事を読み終えることで、「DockerHubの基本的な使い方(公開、ダウンロード、削除)を把握した」状態になります。
 

DockerHubにコンテナイメージを公開するまでの準備

DockerHubにコンテナイメージを公開するまでの準備


「DockerHubにコンテナイメージを公開するまでの準備」に関してご紹介します。

★DockerHubにコンテナイメージを公開するまでの準備の流れ★
手順1:DockerHubのアカウント(ID)を作成する(SignUp)
手順2:Dockerをインストール
手順3:Dockerを起動
手順4:DockerHubに公開する「Dockerのコンテナイメージ」を作成



上記の流れで、「DockerHubにコンテナイメージを公開するための準備」ができます。
 

上記の各手順は、以下の日時と環境で動作確認済みです。
動作確認済み日時:2021年6月17日
動作確認済み環境:CentOS Linux release 7.7.1908 (Core)



以降で、上記「DockerHubにコンテナイメージを公開するまでの準備の流れ」の各手順に関してご説明します。
 

手順1:DockerHubのアカウント(ID)を作成する(SignUp)

「手順1:DockerHubのアカウント(ID)を作成する(SignUp)」に関してご説明します。
 

DockerHubにコンテナイメージを公開するためには、DockerHubのアカウント(ID)が必要です。



「DockerHubのアカウント(ID)を作成する(SignUp)手順」に関しては、以下の記事をご覧ください。
 


 

既にDockerHubのアカウント(ID)を持っている方は、本手順を省略してください。



以上で、「手順1:DockerHubのアカウント(ID)を作成する(SignUp)」は完了です。
 

手順2:Dockerをインストール【公開するイメージの作成に必要】

「手順2:Dockerをインストール」に関してご説明します。
 

DockerHubに公開したいコンテナイメージを作成するために、Dockerをインストールしましょう。



「Dockerをインストールする手順」に関しては、下記記事の「手順1:Dockerをインストールをご覧ください。
 

  
 

既にDockerをインストールされている方は、本手順を省略してください。



以上で、「手順2:Dockerをインストール」は完了です。
 

手順3:Dockerを起動【コンテナイメージ作成に必要】

「手順3:Dockerを起動」に関してご説明します。
 

Dockerのコンテナイメージを作成するためには、Dockerを起動する必要があります。



「Dockerをインストールする手順」に関しては、下記記事の「手順2:Dockerを起動」をご覧ください。
 



以上で、「手順3:Dockerを起動」は完了です。
 

手順4:DockerHubに公開する「Dockerのコンテナイメージ」を作成

「手順4:DockerHubに公開する「Dockerのコンテナイメージ」を作成」に関してご説明します。
 

DockerHubに公開(アップロード)するための「Dockerのコンテナイメージ」を作成しましょう。



「Dockerのコンテナイメージを作成する手順」に関しては、以下の記事をご覧ください。
 


以降の手順では、「fastapi:1 というDockerコンテナイメージを作成した」想定として手順を解説します。
 

以上で、「手順4:DockerHubに公開する「Dockerのコンテナイメージ」を作成」は完了です。
 

上記の流れで、DockerHubにコンテナイメージを公開するまでの準備ができました。

 
 

DockerHubの基本的な使い方(公開→ダウンロード→削除)

DockerHubの基本的な使い方(公開→ダウンロード→削除)


「DockerHubの基本的な使い方(公開→ダウンロード→削除)」に関してご紹介します。

★DockerHubの基本的な使い方★
・作成したDockerのコンテナイメージをDockerHubへ公開(アップロード)
・DockerHubに公開(アップロード)されたコンテナイメージをダウンロード
・DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除



DockerHubの基本的な使い方として、上記があります。
 

上記の各項目は、以下の日時と環境で動作確認済みです。
動作確認済み日時:2021年6月17日
動作確認済み環境:CentOS Linux release 7.7.1908 (Core)



以降で、上記「DockerHubの基本的な使い方」の各項目に関してご説明します。
 

作成したDockerのコンテナイメージをDockerHubへ公開(アップロード)

「作成したDockerのコンテナイメージをDockerHubへ公開(アップロード)」に関してご説明します。
 

dockerコマンドを用いて、DockerのコンテナイメージをDockerHubへ公開(アップロード)してみましょう。



以下のコマンドを実行し、CLI経由でDockerHubへログインしましょう。

# docker login
Login with your Docker ID to push and pull images from Docker Hub. If you don't have a Docker ID, head over to https://hub.docker.com to create one.
Username: herokakedashi
Password: 
WARNING! Your password will be stored unencrypted in /root/.docker/config.json.
Configure a credential helper to remove this warning. See
https://docs.docker.com/engine/reference/commandline/login/#credentials-store

Login Succeeded



コマンド実行後、「Login Succeeded」が表示された場合、「CLI経由でDockerHubへログインできた」と判断できます。


次に、以下のコマンドを実行し、作成したDockerのコンテナイメージをDockerHubへ紐付けましょう。コマンド中の「適宜変更」と書いてある部分は、自分用に書き換えてください。

# docker images | grep fastapi
fastapi                                1                   5950e0da1480        2 weeks ago         51.9MB
[root@develop ~]# docker tag 5950e0da1480 herokakedashi/fastapi #適宜変更(DockerHubのアカウント名/fastapiの形式で記載すること)
# docker images | grep fastapi
herokakedashi/fastapi                  latest              5950e0da1480        2 weeks ago         51.9MB
fastapi                                1                   5950e0da1480        2 weeks ago         51.9MB
# 



コマンド実行後、「DockerHubのアカウント名/fastapi」が表示された場合、「作成したDockerのコンテナイメージにDockerHubを紐付けられた」と判断できます。
 

最後に、以下のコマンドを実行し、作成したDockerのコンテナイメージをDockerHubに公開(アップロード)しましょう。コマンド中の「適宜変更」と書いてある部分は、自分用に書き換えてください。

# docker push herokakedashi/fastapi #適宜変更(DockerHubのアカウント名/fastapiの形式で記載)
The push refers to repository [docker.io/herokakedashi/fastapi]
0334ff93aa96: Layer already exists 
df038583b0cf: Layer already exists 
1429a40caa03: Layer already exists 
2b10df7c36e8: Layer already exists 
3a05b0c16c31: Layer already exists 
11d19a761ef7: Layer already exists 
01534b568332: Layer already exists 
267a6a0302bf: Layer already exists 
b2d5eeeaba3a: Layer already exists 
latest: digest: sha256:bb340553ac39643f6828bfd5d018522036c982015c477f033cde5e59ec4b1109 size: 2200
# echo $?
0
#



コマンド実行後、「0」が表示された場合、「作成したDockerのコンテナイメージをDockerHubに公開(アップロード)できた」と判断できます。

また、Webブラウザ経由でDockerHubにアクセスすることでも「作成したDockerのコンテナイメージをDockerHubに公開(アップロード)できた」ことを確認できます。
DockerHubに公開したコンテナイメージ
 

作成したDockerのコンテナイメージをDockerHubへ公開(アップロード)



以上で、「作成したDockerのコンテナイメージをDockerHubへ公開(アップロード)」は完了です。
 

DockerHubに公開(アップロード)されたコンテナイメージをダウンロード

「DockerHubに公開(アップロード)されたコンテナイメージをダウンロード」に関してご説明します。
 

dockerコマンドを用いて、DockerHubに公開(アップロード)されたコンテナイメージをダウンロードしてみましょう。



以下のコマンドを実行することで、DockerHubに公開(アップロード)されたコンテナイメージをダウンロードできます。

# docker pull herokakedashi/fastapi
Using default tag: latest
latest: Pulling from herokakedashi/fastapi
Digest: sha256:bb340553ac39643f6828bfd5d018522036c982015c477f033cde5e59ec4b1109
Status: Image is up to date for herokakedashi/fastapi:latest
docker.io/herokakedashi/fastapi:latest
# echo $?
0
# 



コマンド実行後、「0」が表示された場合、「DockerHubに公開(アップロード)されたコンテナイメージをダウンロードできた」と判断できます。
 

以上で、「DockerHubに公開(アップロード)されたコンテナイメージをダウンロード」は完了です。
 

DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除

「DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除」に関してご説明します。
 

Webブラウザ経由でDockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除できます。



Webブラウザを起動し、DockerHubにログインしましょう。
DockerHubの公式ページ
 

ログイン後、削除したいコンテナイメージをクリックしてください。
 

DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除



クリック後、「Settings」(下図の赤枠)をクリックします。
 

DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除



クリック後、「Delete repository」(下図の赤枠)をクリックしてください。
 

DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除



クリック後、テキストボックス(下図の赤枠)にリポジトリ名を入力し、「Delete」(下図の青枠)をクリックしてください。
 

DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除



上記の流れで、DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除できます。
 

以上で、「DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除」は完了です。
 

DockerHubの基本的な使い方(公開→ダウンロード→削除)は、以上となります。

 
 

【まとめ】DockerHubの使い方【イメージ公開→ダウンロード→削除を解説】

DockerHubの使い方【イメージ公開→ダウンロード→削除を解説】


今回の記事を通して、「DockerHubの使い方【イメージ公開→ダウンロード→削除を解説】」をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。
 

★悩み★
・基本的なDockerHubの使い方を知りたいな。
・Dockerで作成したコンテナイメージをDockerHubに公開したいな。
・DockerHubに公開されたコンテナイメージをダウンロードしたいな。
・DockerHubに公開(アップロード)したコンテナイメージを削除したいな。



DockerHubにコンテナイメージを公開(アップロード)する手順?」や「DockerHubに公開したコンテナイメージを削除する手順は?」で悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました