スポンサーリンク

JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順

JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順

 

★悩み★
・JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知できるのかな。
・JavaでTeamsにメッセージを通知するための準備を知りたい。
・JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラムを作りたい。



こういった「悩み」に答えます。

★本記事の内容★
① JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するための準備を紹介
② JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順をご紹介



これからご紹介する「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順」を実践したことで、5分以内で「Teamsにメッセージを通知するJavaプログラム」を作成できました。

記事の前半では「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するために準備するべきこと」を解説しつつ、記事の後半では「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順」を紹介します。

この記事を読み終えることで、「Javaを使ってTeamsにメッセージを通知できる」状態になります。
 

ちなみに、PythonでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知したい方は、以下の記事をご覧ください。
 


ちなみに、RubyでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知したい方は、以下の記事をご覧ください。


 

JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するための準備

JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するための準備


「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するための準備」に関してご紹介します。
 

★JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するための準備★
手順1:Teamsにログイン
手順2:Teamsのチャネルのコネクタを設定



上記の流れで、「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するための準備」ができます。
 

上記の各手順は、以下の日時で動作確認済みです。
動作確認済み日時:2021年7月31日



以降で、上記「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するための準備」の各手順に関してご説明します。
 

手順1:Teamsにログイン

「手順1:Teamsにログイン」に関してご説明します。
 

 Incoming WebhookのURLを作成するために、Teamsへのログインが必要です。



「Teamsにログインする手順」や「Incoming Webhookとは何か?」に関しては、以下の記事「手順1:Teamsにログイン」をご覧ください。
 

 

既にTeamsにログインしている方は、本手順を省略してください。



以上で、「手順1:Teamsにログイン」は完了です。
 

手順2:Teamsのチャネルのコネクタを設定【Javaに必要】

「手順2:Teamsのチャネルのコネクタを設定」に関してご説明します。
 

Teamsのチャネルのコネクタを設定(Incoming WebhookのURLを作成)することで、JavaからTeamsにメッセージを通知できます。



「Teamsのチャネルのコネクタを設定する手順」に関しては、以下の記事「手順2:Teamsのチャネルのコネクタを設定」をご覧ください。
 

 

既にTeamsのチャネルのコネクタを設定(Incoming WebhookのURLを作成)された方は、本手順を省略してください。



以上で、「手順2:Teamsのチャネルのコネクタを設定」は完了です。
 

上記の流れで、「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するための準備」ができました。


 

JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順

JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順


「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順」に関してご紹介します。
 

★JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するまでの流れ★
手順1:Javaのインストール
手順2:JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラムを作成
手順3:「JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラム」を実行



上記の流れで、「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順」できます。
 

上記の各手順は、以下の環境と日時で動作確認済みです。
動作確認済み環境:CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)
動作確認済み日時:2021年7月31日



以降で、上記「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知するまでの流れ」の各手順に関してご説明します。
 

手順1:Javaのインストール

「手順1:Javaのインストール」に関してご説明します。
 

Webhookを用いてTeamsにメッセージを通知するプログラムを実装するために、Javaをインストールしましょう。



「Javaのインストール手順」に関しては、以下の記事の「ステップ1:JDKのインストール」をご覧ください。
 

 
 

既にJavaをインストールされている方は、本手順を省略してください。


以上で、「手順1:Javaのインストール」は完了です。
 

手順2:JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラムを作成

「手順2:JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラムを作成」に関してご説明します。
 

Javaの標準ライブラリ「net」と「util」を利用することで、Webhookを用いてTeamsにメッセージを通知できます。



Javaで「Webhookを用いてTeamsにメッセージを通知する」プログラムは、以下となります。プログラム中の「適宜変更」と書いてある部分は、自分用に書き換えてください。

import java.io.*;
import java.net.HttpURLConnection;
import java.net.URL;
import java.net.URLEncoder;
import java.util.Objects;
import java.util.stream.Collectors;

public class TeamsSend {
    public static void main(String[] args) {
        TeamsSend teamsSend = new TeamsSend("");
        String message = "{\"text\":\"kakedashi-xx.comはIT技術がまとめられたサイトです。.\"}";
        teamsSend.notify(message);
        System.out.println("javaからteamsへ通知しました。");
    }

    private final String token;

    public TeamsSend(String token) {
        this.token = token;
    }

    // Webhookを用いてTeamsへメッセージを通知する関数
    public void notify(String message) {
        HttpURLConnection connection = null;
        try {
            URL url = new URL("XXXX"); // 作成したIncoming WebhookのURLを指定(適宜変更)
            connection = (HttpURLConnection) url.openConnection();
            connection.setDoOutput(true);
            connection.setRequestMethod("POST");
            try (OutputStream os = connection.getOutputStream();
                 PrintWriter writer = new PrintWriter(os)) {
                writer.append(message).flush();
                try (InputStream is = connection.getInputStream();
                     BufferedReader r = new BufferedReader(new InputStreamReader(is))) {
                    String res = r.lines().collect(Collectors.joining());
                    if (!res.contains("\"message\":\"ok\"")) {
                        System.out.println(res);
                    }
                }
            }
        } catch (Exception ignore) {
        } finally {
            if (connection != null) {
                connection.disconnect();
            }
        }
    }
}



上記のプログラムを「TeamsSend.java」というファイル名で保存しましょう。

以上で、「手順2:JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラムを作成」は完了です。
 

手順3:「JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラム」を実行

「手順3:「JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラム」を実行」に関してご説明します。
 

手順2で作成した「Teamsにメッセージを通知するJavaのプログラム」の動作確認をしましょう。



以下のコマンドを順に実行し、手順2で作成した「Teamsにメッセージを通知するJavaのプログラム」の動作を確認しましょう。

# javac TeamsSend.java 
# java TeamsSend main
1
javaからteamsへ通知しました。
# 



上記のように「javaからteamsへ通知しました。」が表示された場合、「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知できた」と判断できます。

また、Teamsにメッセージが通知されたかを確認しましょう。
 

手順3:「JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラム」を実行



以上で、「手順3:「JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラム」を実行」は完了です。
 

上記の手順で、JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知できました。


 

【まとめ】JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順

【まとめ】JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順


今回の記事を通して、JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知する手順をご紹介することで、以下の悩みを解消しました。
 

★悩み★
・JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知できるのかな。
・JavaでTeamsにメッセージを通知するための準備を知りたい。
・JavaでTeamsにメッセージを通知するプログラムを作りたい。



JavaでTeamsにメッセージを通知する手順は?」や「JavaでWebhookを用いてTeamsにメッセージを通知できるのかな?」で悩んでいるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました