スポンサーリンク

【最短5分】SQLiteをWindowsへインストールする方法(6枚で図解)

【最短5分】SQLiteをWindowsへインストールする方法(6枚で図解)

 

★悩み★
・SQLiteをWindowsへインストールする方法を知りたい。
・Windows上でSQLiteの起動やバージョン確認する方法は?
・インストールしたSQLite上でデータ追加って簡単にできる?



こういった「悩み」に答えます。
 

★本記事の内容★
① Windows向けSQLiteのインストール
➁ Windowsの環境変数PATHにSQLiteを設定
➂ インストールしたSQLiteの動作確認(起動/ヘルプ/バージョン確認など)



これからご紹介する「【最短5分】SQLiteをWindowsへインストールする方法(6枚で図解)」を実践したことで、5分以内で「WindowsにSQLiteをインストール」できました。
 

記事の前半では「SQLiteをWindowsにインストールする方法」を図を使い解説します。

記事の後半では「SQLiteを簡単に使うための設定方法」と「WindowsにインストールしたSQLiteの起動などの動作確認方法」を図とコマンドベースで紹介します。
 

この記事を読み終えることで、「Windows上にインストールしたSQLiteを使える」状態になります。
 

★SQLite3とは★
SQLiteは、「小型」/「高速」/「自己充足的」/「高信頼性」なSQLデータベースエンジンを実装したC言語ライブラリです。
ちなみに、SQLiteのメリットとデメリットに関して知りたい方には、以下の記事がオススメです。
>> 【要点】SQLiteとは?を解消!初心者向けに特徴から使い方を解説


  

Windows向けSQLiteのインストール

Windows向けSQLiteのインストール


「Windows向けSQLiteのインストール」に関してご紹介します。
 

★WindowsにSQLiteをインストールする方法★
・手順1:Windows向けSQLiteのダウンロード
・手順2:SQLiteのexeファイルを配置



上記の手順を実施することで、「WindowsにSQLiteをインストール」できます。
 

上記の各手順は、以下の日時と環境で動作確認済みです。
動作確認済み日時:2022年5月24日
動作確認済み環境:Windows 11 pro



以降で、上記「WindowsにSQLiteをインストールする方法」の各項目に関してご説明します。
 

手順1:Windows向けSQLiteのダウンロード

「手順1:Windows向けSQLiteのダウンロード」に関して解説します。
 

SQLiteをWindowsにインストールするために、SQLiteのzipファイルをダウンロードしましょう。



ウェブブラウザを起動し、以下のURLにアクセスしましょう。
>> Windows向けSQLiteダウンロードページ(SQLite公式サイト)
 

アクセス後、「sqlite-tools-win32-x86-3380500.zip」(下図の赤枠)をクリックしてください。
 

windows向けSQLiteをダウンロード
Windows向けSQLiteのzipファイルをクリック



クリック後、sqlite-tools-win32-x86-3380500.zipをダウンロードできた場合、「正常にWindows向けSQLiteをダウンロードできた」と判断できます。
 

以上が、「手順1:Windows向けSQLiteのダウンロード」となります。
 

手順2:SQLiteのexeファイルを配置

「手順2:SQLiteのexeファイルを配置」に関して解説します。
 

WindowsにSQLiteをインストールしたい場合、インストーラーを実行する必要はなく、ダウンロードしたzipファイルを解凍するだけで良いです。



手順2でダウンロードしたzipファイルを解凍しましょう。
解凍後、「sqldiff.exe」「sqlite3.exe」「sqlite3_analyzer.exe」(下図の赤枠)のexeファイルが存在することを確認してください。

 

ダウンロードしたwindows向けSQLiteを解凍
Windows向けSQLiteのexeファイル



上記3つのexeファイルを任意フォルダに配置しましょう。
今回は、SQLiteのexeファイルを「C:\sqlite」に配置しました(下図の赤枠)。

 

windows向けSQLiteのexeファイルを配置
C:\sqliteにSQLiteのexeファイルを配置



以上が、「手順2:SQLiteのexeファイルを配置」となります。
 

上記の流れで、WindowsにSQLiteをインストールできます。
SQLiteのインストールは、zipファイルのダウンロードと解凍したexeファイルを配置するのみです。


 

Windowsの環境変数PATHにSQLiteを設定

Windowsの環境変数PATHにSQLiteを設定


「Windowsの環境変数PATHにSQLiteを設定」に関してご紹介します。
 

★Windowsの環境変数PATHにSQLiteを設定★
・環境変数PATHにSQLiteを設定する理由
・環境変数PATHにSQLiteを設定



以降で、上記「Windowsの環境変数PATHにSQLiteを設定」の各項目に関してご説明します。
 

環境変数PATHにSQLiteを設定する理由

「環境変数PATHにSQLiteを設定する理由」に関して解説します。
 

環境変数PATHにSQLiteを設定した場合とそうでない場合に関して説明しますね。



環境変数PATHにSQLiteを設定することで、インストールしたSQLiteのコマンドを簡単に呼び出せるようになります。

【環境変数PATHにSQLiteを設定しない場合】
C:\Users\user>C:\sqlite\sqlite3.exe -version
3.38.5 2022-05-06 15:25:27 78d9c993d404cdfaa7fdd2973fa1052e3da9f66215cff9c5540ebe55c407d9fe

C:\Users\user>

【環境変数PATHにSQLiteを設定した場合】
C:\Users\user>sqlite3 -version
3.38.5 2022-05-06 15:25:27 78d9c993d404cdfaa7fdd2973fa1052e3da9f66215cff9c5540ebe55c407d9fe

C:\Users\user>



上記のように、環境変数PATHにSQLiteを設定することで、「絶対PATHなし」でWindows上にインストールしたSQLiteのコマンドを実行できます。
 

以上が、「環境変数PATHにSQLiteを設定する理由」となります。
 

環境変数PATHにSQLiteを設定

「環境変数PATHにSQLiteを設定」に関して解説します。
 

図を用いて、環境変数PATHにSQLiteを設定する手順に関して説明しますね。



まずは、コントロールパネル経由で「環境変数を編集」する画面(下図)を開きましょう。

続いて、「Path」(下図の赤枠)をクリックし、「編集」(下図の青枠)をクリックしてください。
 

Windowsにおける環境変数の編集画面
環境変数の編集画面を操作



クリック後、「新規」(下図の赤枠)をクリックし、「SQLiteのexeファイルを配置したフォルダの絶対PATH」(本記事の場合、C:\sqlite)を入力します。
 

Windowsで新規環境変数を追加
環境変数を新規追加



入力後、「SQLiteのexeファイルを配置したフォルダの絶対PATH」(下図の赤枠)が表示されていることを確認してから、「OK」(下図の青枠)を押して下さい。
 

環境変数にSQLiteのPATHを追加
環境変数にSQLiteのPATHを追加



上記の一連の操作をすることで、「環境変数PATHにSQLiteを設定」できました。
 

インストールしたSQLiteのコマンドを絶対PATHなしで実行したい場合、Windowsの環境変数PATHにSQLiteを設定しましょう。


 

インストールしたSQLiteの動作確認(起動/ヘルプ/バージョン確認など)

インストールしたSQLiteの動作確認(起動/ヘルプ/バージョン確認など)


「インストールしたSQLiteの動作確認(起動/ヘルプ/バージョン確認など)」に関してご紹介します。
 

★WindowsにインストールしたSQLiteの動作確認方法★
・WindowsにインストールしたSQLiteを起動する手順
・SQLiteのヘルプを表示させる手順
・WindowsにインストールしたSQLiteのバージョン確認手順
・Windows上のSQLiteでデータ登録する手順



上記を実施することで、「WindowsにインストールしたSQLiteの動作」を確認できます。
 

上記の各手順は、以下の日時と環境で動作確認済みです。
動作確認済み日時:2022年5月24日
動作確認済み環境:Windows 11 pro



以降で、上記「WindowsにインストールしたSQLiteの動作確認方法」の各項目に関してご説明します。
 

WindowsにインストールしたSQLiteを起動する手順

「WindowsにインストールしたSQLiteを起動する手順」に関して説明します。
 

WindowsにインストールしたSQLiteを起動するには、「sqlite3 ファイル」コマンドを実行します。



SQLiteを起動するためのコマンド「sqlite3 ファイル」の構文は、以下となります。
 

★「sqlite3 ファイル」コマンドの構文★
・機能
 指定したファイルを用いてSQLiteを起動します。
・使い方
 sqlite3 ファイルPATH
・例
 sqlite3 sample.sqlite
・実行結果
 sample.sqliteを用いてSQLiteを起動する。
 データ登録などをした場合、sample.sqliteに保存される。



それでは、実際に「sqlite3 ファイル」コマンドを使って、Windows上にインストールしたSQLiteを起動してみましょう。

C:\Users\user\Desktop\work\tmp>sqlite3 sample.sqlite
SQLite version 3.38.5 2022-05-06 15:25:27
Enter ".help" for usage hints.
sqlite>



コマンド実行後、「SQLite version」が表示された場合、「正常にWindowsでSQLiteを起動できた」と判断できます。
 

以上が、「WindowsにインストールしたSQLiteを起動する手順」となります。
 

SQLiteのヘルプを表示させる手順

「SQLiteのヘルプを表示させる手順」に関して説明します。
 

SQLiteのヘルプを表示させるには、「sqlite3 -help」コマンドを実行します。



SQLiteのヘルプを表示させるためのコマンド「sqlite3 -help」の構文は、以下となります。
 

★「sqlite3 -help」コマンドの構文★
・機能
 SQLiteのヘルプを表示します。
・使い方
 sqlite3 -help
・例
 sqlite3 -help
・実行結果
 SQLiteのヘルプが表示されます。



それでは、実際に「sqlite3 -help」コマンドを使って、SQLiteのヘルプを表示¥してみましょう。

C:\Users\user\Desktop\work\tmp> sqlite3 -help
Usage: sqlite3 [OPTIONS] FILENAME [SQL]
FILENAME is the name of an SQLite database. A new database is created
if the file does not previously exist.
OPTIONS include:
   -append              append the database to the end of the file
   -ascii               set output mode to 'ascii'
   -bail                stop after hitting an error
   -batch               force batch I/O
   -column              set output mode to 'column'
   -cmd COMMAND         run "COMMAND" before reading stdin
   -csv                 set output mode to 'csv'
   -deserialize         open the database using sqlite3_deserialize()
   -echo                print commands before execution
   -init FILENAME       read/process named file
   -[no]header          turn headers on or off
   -help                show this message
   -html                set output mode to HTML
   -interactive         force interactive I/O
   -line                set output mode to 'line'
   -list                set output mode to 'list'
   -lookaside SIZE N    use N entries of SZ bytes for lookaside memory
   -maxsize N           maximum size for a --deserialize database
   -memtrace            trace all memory allocations and deallocations
   -newline SEP         set output row separator. Default: '\n'
   -nullvalue TEXT      set text string for NULL values. Default ''
   -pagecache SIZE N    use N slots of SZ bytes each for page cache memory
   -quote               set output mode to 'quote'
   -readonly            open the database read-only
   -separator SEP       set output column separator. Default: '|'
   -stats               print memory stats before each finalize
   -version             show SQLite version
   -vfs NAME            use NAME as the default VFS



コマンド実行後、「SQLiteのヘルプ」が表示された場合、「正常にsqlite3 -helpコマンドを実行できた」と判断できます。
 

以上が、「SQLiteのヘルプを表示させる手順」となります。
 

WindowsにインストールしたSQLiteのバージョン確認手順

「WindowsにインストールしたSQLiteのバージョン確認手順」に関して説明します。
 

SQLiteのバージョンを確認するには、「sqlite3 –version」コマンドを実行します。



SQLiteのバージョンを確認する「sqlite3 –version」の実行方法に関しては、以下の記事をご覧ください。
>> SQLite3のバージョンを確認する方法
 

以上が、「WindowsにインストールしたSQLiteのバージョン確認手順」となります。
 

Windows上のSQLiteでデータ登録する手順

「Windows上のSQLiteでデータ登録する手順」に関して説明します。
 

WindowsにインストールしたSQLiteに「データベース」「テーブル」「データ登録」をしてみましょう。



SQLiteにデータ登録する方法に関しては、以下の記事をご覧ください。
>> 【コピペOK】SQLite3でデータを追加(INSERT)する3つの方法
 

SQLiteにデータ登録する方法は、「Windows」「Mac」「Linux」で共通です。



以上が、「Windows上のSQLiteでデータ登録する手順」となります。
 

上記4つの方法で、WindowsにインストールしたSQLiteの動作確認ができました。


 

【まとめ】SQLiteをWindowsへインストールする方法(6枚で図解)【最短5分】

【まとめ】SQLiteをWindowsへインストールする方法(6枚で図解)【最短5分】


いかがでしたでしょうか?

「WindowsにSQLiteをインストール」し「データ登録などで動作確認」する方法を解説し、以下の悩みを解決しました。
 

★悩み★
・SQLiteをWindowsへインストールする方法を知りたい。
・Windows上でSQLiteの起動やバージョン確認する方法は?
・インストールしたSQLite上でデータ追加って簡単にできる?



ぜひあなたも本記事を参考に「Windows上にSQLiteをインストール」してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
おしゃれなラグ・マット・カーペット通販 手帳 型 iphone ケース